ウルトラvリフトの痛み・腫れ・内出血・ダウンタイムについて

あなたはウルトラVリフトについて、どんな事が気になりますか?

施術時の痛みが気になる、ダウンタイムが実際どの位かかるのか知りたいなど、いろいろな疑問をお持ちかと思います。では、ウルトラVリフトの施術中そして施術後の口コミなどを元に実際の施術の感想などご紹介していきましょう!

ウルトラVリフト施術中の痛み・内出血・腫れについての口コミ

初めてだったのですが、麻酔クリームを塗ってからの施術で、痛みはあまり感じませんでした。主に頬部で30本くらいでしたがけっこう血も出てて怖かった

施術前に麻酔クリームを塗りましたが、想像以上に痛いです。

全身脂汗くらい痛いです。そして、すごい内出血です。

この様にウルトラVリフトを受けた時の施術の痛みについては、かなり感じ方に個人差があります。受けた方の感じ方ももちろんですが、施術する側の技術によっても大きく違ってくるようです。

実際、ウルトラVリフトの施術にかかる時間や針を刺す技術は、担当の先生が違うとそれだけでかなり差がある様です。

その為時間がかかったり、刺し方が上手くないと予想以上に腫れたり内出血が起こってしまいます。ですから受けるサロンや病院の実績、口コミなどよく調べてから行った方が確実でしょう。

痛みや内出血、腫れが施術中にあまりにも酷いようであれば、一度中断してもらったほうが良いでしょう。

特に痛みは受けた側にしか分からない事なので、その時にしっかりした対応を取ってもらえないようなサロンや病院なら、後々後悔することも考えて中断するのもしょうがないのではないでしょうか。

もちろん痛みもなく、内出血、腫れも殆ど感じない方も多いので、本気で考えている方はお試しなど受けるのも方法かもしれません。

ウルトラVリフトのダウンタイム

このウルトラVリフトは施術には切開の必要が無く、細い針を使用して糸を皮膚の下に挿入する為、腫れ・内出血が殆ど起こらない施術と言われています。

その為、治療の直後にそのままの脚で買い物に行くことも可能だというのです。

ただ、やはり顔に美容針を差しているのと同じな訳ですから、全く腫れない、内出血もしないというのはウルトラVリフトを受けた全員がそうではない様です。

では、そんなウルトラVリフトのダウンタイムについての口コミも見てみましょう!

頬に30本入れました。その後五時間くらい経ちましたが、今のところ見た目には恥ずかしい程の針跡や鬱血は無いです。糸の違和感も無いですし。腫れのせいなのかもしれませんが、頬に張りが出てるような感じもします

他のリフトと比べるとダウンタイムが短いので、仕事で忙しい人におすすめ♪

ダウンタイムは3日間くらいかかりました。説明では翌日にはメイクが出来ると言われたのに説明と違いました

ものすごく腫れます。青アザも酷く、針の跡も半端なくブツブツになります。1週間は外に出られません

このように、まずは針を刺した跡のブツブツが気になる方が多い様です。自然とは違って規則的に針穴が並んでしまうため、違和感を感じてしまいますよね。

施術を行っているサロンや病院のHPでも掲載されている参考写真を見ると、施術後すぐには針を刺した跡は分かります。

ただ、2〜3日経った時にもまだしっかりプツプツと針穴が分かってしまうような場合は、個人差があり傷に対して敏感肌の方かも知れません。

腫れはやはり美容針とはいえ、肌に異物を刺しているので反応してしまう事もあるでしょう。

また、針を刺した事による肌の活性化もあるようで、腫れが収まると肌が張ったように感じる場合もあります。そして青アザですが、これは内出血が起きてしまっている場合にでてしまいます。

通常は身体に異物が入ってくると血管が上手く避けてくれるのですが、体調が良くなかったり免疫機能が下がっている場合、避けきれずに血管を傷つけてしまい、そうして内出血してしまいます。

大体は2〜3日で消えるのですが、2週間など長く掛かってしまう場合は再度相談にいった方が良いでしょう。

ウルトラvリフトのリスクまとめ

いかがでしたでしょうか?ウルトラVリフトの施術を受ける際にはこういった点も十分に参考にしながら、出来るだけ体調を整えて臨む方が、施術中もそしてダウンタイムもストレスが少なく受ける事が出来そうです。そうすれば後は効果が出るのを楽しみに待つだけですね!

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!