【ウルトラセル】失敗しないために知っておきたい7つのコト

ウルトラセルはどんなたるみにも効果があるのか、実際に施術を受けたけれど実感が得られない、失敗だったと思われる人もいるようです。なぜ効果がなかったのか、原因はあるのかなど口コミも含めて解説します。

最後にオススメのたるみ治療も紹介しているので、お見逃しなく!

ウルトラセルのどの治療がたるみに効果がある?

ウルトラセルは肌の悩みに合わせて3種類の施術があります。ハイフ(HIFU、FUS)、イントラジェン(GFR)、イントラセル(SRR)です。たるみに最も効果が実感できるのは、ハイフ(HIFU、FUS)、イントラジェン(GFR)です。目元のたるみの引き締めは、イントラセル(SRR)が効果的です。

ウルトラセルの口コミと失敗の原因

ウルトラセルを受けてみました。人によって効果の出方に差があるのは当然のことなのかもしれませんが、私の場合、思ったほどの効果は実感できませんでした。あと、費用がちょっと高いかなという印象をうけました。

自身の肌の悩みに合っていない施術である可能性があります。それぞれ特性が違い、しかも単体コースに分かれての施術や料金設定をしているクリニックが多いです。

例えば、頬のたるみの治療の場合、イントラセル(SRR)だけの施術を受けても効果は実感できないです。イントラセルの特性は高周波を肌の表皮から真皮の表面層に熱を伝えて、コラーゲン再生や新しく生まれかわるのを促進させて、毛穴の引き締めや、シワ、たるみの改善を行います。ここで重要な点は肌のごく浅い層に効果を発揮するという事です。

ですからもっと深い層のたるみなどには高周波が届かず、美肌、ハリ、毛穴、シワなどに効果が期待できます。クリニックで料金が安いのはイントラセル(SRR)です。きちんとカウンセリングを受けて施術を受けないと、料金の安さで施術を受けてしまい、効果がなかった、失敗だったということになってしまいます。

肌質や骨格の違いでも効果が実感できない?

では、ハイフ(HIFU、FUS)、イントラジェン(GFR)ならパーフェクトな効果が得られるかというと、そうではない肌質のタイプ、骨格のタイプがあるのです。良心的なクリニックは別の治療をすすめてくれるところもあります。

ここまでのまとめ

ウルトラセルはクリニックによって単体のコースや、3種類の機能が1つになっているコースなどそれぞれ違います。

料金も安いとはいえず、キャンペーンやお試しコースなどをうまく利用して、自身に合った治療なのかをクリニックと相談しながら治療するのがよい方法です。すすめられるまま、納得がいかないままの治療、施術はおすすめできないです。

もし施術を受けて、たるみへの効果が実感できない場合は、施術を受けたクリニックにその状況を伝えて相談されることをおすすめします。

ウルトラセルで失敗を防ぐ7つのコト!

ここからは、ウルトラセルで失敗しないために確認しておきたいことについて話していきます。治療後に後悔しない為には、ウルトラセルの機能が自分に合っているのかを知る事が大切です。施術前に確認しておきたい点を紹介します。

1.リフトアップ効果には個人差がある

ウルトラセルは3つの機能があります。

1つはハイフ(HIFU、FUS)高密度焦点式超音波で肌の奥の筋膜(SMAS)層、脂肪層にピンポイントに照射し、超音波の熱作用を与えます。

主にリフトアップ効果が期待できますが、脂肪層の薄い肌質や、年齢などの個人差で効果の得られ方が違います。

もう1つはイントラジェン(GFR)ラジオ高周波で筋膜(SMAS)層より浅い真皮層に熱作用を与えます。主にたるみ、シワ改善効果が期待できますが、やはり確実ではなく、個人差があります。

もう1つはイントラセル(SRR)で、高周波を細い点状に照射し、肌の浅い部分の表皮から真皮層に熱作用を与えます。ハリ、毛穴の引き締めなどの効果が期待できます。

ここで伝えたいのは、施術を受けたからといって全員に効果があるかといえば、そうではありません。肌質や年齢などで効果の感じ方が違います。

2.熱作用を与える治療法

火傷

施術の際痛みがあります。個人差がありますが、無痛ではありません。熱感や痛みに敏感であれば、麻酔クリームを希望したり、痛み止めを飲んだりします。

3.施術後2~3日は腫れや赤みが出る事も!

個人差はありますが、腫れたり、赤みがひかない場合もあります。火傷や色素沈着などの副作用もあるようです。

4.ダウンタイムがある

ダウンタイムは無しということですが、やはり2、3時間はかかるということです。

5.クリニックごとに施術法が違う

ウルトラセルの3つの機能を1回の施術で行うクリニックや、単体で行っているところもあります。部位によっても施術方法は違うので注意が必要です。

6.気軽に試せる料金ではない

ウルトラセルの1回の施術料金は、顔全体で20万円が平均です。効果が実感できないと高い買い物になってしまいます。

7.サーマクール治療の方が断然、効果があるという人も!

ウルトラセルだから効果が高いわけではないです。サーマクールの方が効果がある場合も多く、個人差はあるもののサーマクールの小顔効果はウルトラセルにはないのです。料金的にもサーマクールの方がお手頃です。

ウルトラセルの失敗まとめ

ウルトラセルはリフトアップやたるみ、シワ改善効果が高いとされていますが、鵜呑みにしてしまうのは問題です。まずはカウンセリングをしっかりうけてウルトラセル以外でも効果が高い治療はたくさんありますから、選択を間違わず、肌に合った施術を受けることが失敗しない方法なのです。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!