テノール・タイタン・サーマクールを比較して分かった3つの違い

切らないたるみ治療でよく名前が挙がる、テノール・タイタン・サーマクール。たるみ治療の効果に違いはあるのでしょうか。

テノール・タイタン・サーマクールの違い

1.レーザーの種類

切らないたるみ治療は顔にメスを入れるものよりも受けやすいということで人気があります。よく比較されるのがテノール・タイタン・サーマクールです。

この3つは専用の機器を使って、肌に熱を加えることでたるみ治療の効果を上げるものなのですが、肌に当てるレーザーの種類が違います。

テノールとサーマクールが高周波、タイタンが赤外線です。テノールとサーマクールは高周波を当てるのは一緒ですが、肌へ与える効果が違ってきます。

2.リフトアップへの働きかけ

テノールは高周波を照射することで肌の内部のコラーゲンを再構築させ、その効果がたるみ治療につながります。

サーマクールは同じ高周波を照射してはいますが、皮膚の下にある脂肪を収縮させることでたるみ治療の効果を上げています。

タイタンは赤外線で肌を照射し真皮層にある線維芽細胞の中のコラーゲンを長期的に生成させ、たるみ治療を行うものです。専門の機器で肌を照射するのは同じでも当てるレーザーの種類や皮膚の層が各治療で異なる為、たるみ治療の目的も異なるのです。

3.たるみやシワへの効果

サーマクールは脂肪の収縮を利用している為、皮膚が余ることにより起こるたるみではなく、皮膚下の脂肪が下垂することで起こるたるみに効果があります。

タイタンの場合は太っていないのに起こる顔のむくみ、皮膚が余ってしまったことが原因で起きた、顔や首のシワのたるみに効果があります。

テノールはタイタンと同じく皮膚が余ったことによるたるみに効く治療ですが、小顔効果より若々しいふっくらとした効果を感じやすいです。

リフトアップ効果の違い

たるみ治療でそれぞれ独自の効果があるテノール・タイタン・サーマクールですが、その効果はどれが一番強いかといいますと、

サーマクール > タイタン > テノール の順番です。

これはテノールが効果がないという訳ではなく、引き上げ効果でたるみを治療するというより、肌の弾力を増やすことに目的を置いたアンチエイジングの治療だからです。効果の強弱だけでたるみ治療の結果の優劣が決まるものではありません。

施術後すぐメイクOKは同じ

サーマクール・タイタン・テノールはダウンタイムがなく施術後すぐのメイクがOKです。その為、会社帰りに寄っても帰りの電車内で素顔、ということは起きません。

ダウンタイムがないので連休や休暇を利用してしばらく外出を控えるというスケジュール調整をする必要性もないです。となると、効き目が一番強いものに、人気が集中してしまいそうですが、全ての人の悩みや好みが一緒ということではないので、実際にはそういうことは起こりません。

たるみの種類で受ける治療が異なる

一口にたるみと言ってもその悩みは人それぞれ、症状もそれぞれです。引き上げ効果が強いからといった理由や、口コミがいいからと自分の症状を理解せず、施術を受ければ、頬がこけて老け顔になったり、顔が丸くなり過ぎた、という逆効果に陥りかねません。

自分のたるみの原因がこれだ、と決められないならば、信用のおけるクリニックで事前カウンセリングを受け、自分がサーマクール・タイタン・テノールのどれに合うのかを決めるようにしましょう。

痛みの感じ方でも選び方に影響が

効果の他にも痛みもたるみ治療を選ぶポイントとして重要になってきます。

痛みは人それぞれ感じ方が違うのでサーマクール・タイタン・テノールで、たるみへの効果の他に痛みの感じ方の強弱についても事前カウンセリングで聞いてください。

どうしてもその治療を受けたいからと照射力を弱めて受けても効果は出ません。

自分のたるみの症状、痛みには強いか弱いか、そういったことをハッキリとさせてからたるみ治療は受けないと望んだ効果を得ることはできないのです。

クリニック選び

美容医療専門サイトや口コミをよく読み自分が受けるべきたるみ治療を考えてみましょう。

症状や痛みの他に料金といったものも選ぶポイントになるかと思いますが、安すぎる料金は客寄せの場合もあるので注意しましょう。

専門サイトや口コミである程度絞れたら、HPでクリニックの症例数や院長の姿勢、治療への詳細な説明があるかを確認し、事前カウンセリングで押しつけがましくないかを判断して、これなら信頼できるといったクリニックを選んでください。

情報収集さえキチンとすれば必ず判断できます。

3つの組み合わせで治療の効果が上がる

もしかすると顔のたるみは部分によって症状に違いがあるかもしれません。また、顔以外に身体の部分痩せなどもしたい、といった場合もあるでしょう。

痛みに関しても肌の薄い厚いで違いが出たりします。

クリニックによってはサーマクール・タイタン・テノールの3つを組み合わせた治療を行うところもあるので、事前のカウンセリングの活用次第でかなり効果的なたるみ治療をすることができるようになりますので、それへの判断の為にもやはり情報収集は必須と言えます。

テノール・タイタン・サーマクールの違いまとめ

同じ高周波を使ったり、たるんだ皮膚に効果があったり、肌内部のコラーゲンの性質を上手く使ったり、術後のメイクがOKだったりと似たような効果であっても、サーマクール・タイタン・テノールはよく調べると効果に色々な違いがあるということが理解していただけたでしょうか。

情報が沢山溢れている世の中です。その中から有効な情報を見つけられれば、たるみ治療の効果を最大限に得られます。こあなたに合ったたるみ治療を見つける為にも情報収集は大切なのです。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!