テノールの効果・持続期間・施術回数|効果は早くても2週間後?!

テノールの効果を持続する為の理想的な回数や期間があれば、ぜひ知りたいと思いませんか?今回の記事ではテノールの効果、持続期間、施術回数、継続治療、他治療との併用について紹介していきます。

テノールの効果と効果が出始めるまでの期間

高周波を使って顔だけでなく身体の部分痩せまで対応できるテノールは、たるみ治療と美肌の両方に効果があります。

ゆっくりと肌の奥深くへ熱を伝えることで痛みやダウンタイムもなく術後のメイクもOKという点が、テノールの良さです。

ただ、1回受けただけでは効果はあまり実感できませんが、治療を重ねるごとに効果が高まるので継続治療はした方が良いです。

テノールは肌へ高周波を照射することで眠っている線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの再生を促す為、肌が引き締まりたるみへの効果が表れます。

それと共に代謝もアップし、デトックス効果で肌が若返えるのもテノールの嬉しい作用ですね!

テノールの効果は早い場合は2週間、通常は1,2か月後くらいです。

施術直後から肌にハリが出たと喜びの口コミを見ることはありますが、それは施術直後の腫れであってテノール本来のハリではありません。

テノール施術直後と時間が経ってからのハリの違い

テノール施術後のハリと、肌本来のハリは違います。テノールは肌に熱を加えることで起きる創傷治癒能力を利用し、コラーゲンの生成を促す治療法ですが、人工的とはいえ肌に傷を与えているのです。

その為、施術直後は肌への照射によるダメージで多少の腫れが起こるのです。ただ計画的に起こした傷なので、腫れではなくハリのように感じるだけです。本来のハリは1ヶ月前後に起こるコラーゲンの再構築によるハリなので、直後のものとは種類が違います。

テノール効果の持続期間は継続治療で伸びる

1回の料金は、他の切らないたるみ治療に比べると安価な部類に入る為、その理由だけでテノールを受けてしまうと効果を感じません。

しかしテノールは一定の期間、継続治療をすれば効果は持続します。テノールは自然な効果が特徴であり、継続治療で効果を持続させるべきなのです。

「何度も受けると結局料金は高くなる」と考える人がいるかもしれませんが、テノールを長い期間、持続させる為にも、継続治療は必要となります。

テノールの継続治療は何回が理想的?

テノールは継続治療が良いということはわかりましたが、この継続治療はどれくらいの期間と回数で効果がでる持続期間となるのでしょう。

美容医療に関する情報を調べてみますと、テノールの効果を持続させる理想的な期間としては1カ月前後で3~5回の施術を1クールとするところが殆どでした。

コラーゲンの再構築が1ヶ月なので血液やリンパの流れを良くすることを考えても、この期間でこの回数が理想的と言われるのは理に叶っています。

ただ、テノール本来のハリを感じられるのは人により、2週間後だったり1,2か月後だったりと期間が違います。

平均として理想の期間が1ヶ月と言われても、医師と相談をして2週間を1クール、2か月を1クールなどと人により内容が違ってきます。

クリニックの医師と信頼関係が築けていれば、そういったアドバイスから自分に合った理想の期間や回数が見えてくるので、テノールは納得のできるクリニックで受けるようにしてください。

テノールと他治療の併用

医師がその人に合った判断をし、テノールと他の治療を併用する場合も持続期間が長くなります。

テノール自体にもたるみと美肌の両方に効果はありますが、肌の状態を診て医師が他の治療を併用すれば持続期間が伸びる、と判断しての治療となりますから、テノールの効果は更に上がると期待していいです。

事前に多少の知識を得てから治療を開始すれば、医師のいう事も信じられ、テノールの最大限の効果を得られますので、事前学習はしておきましょう。

痩身にも効果のあるテノールですが……

身体への痩身効果もあるテノールですが、脂肪吸引に比べるとその効果はやはり薄いです。

もし、理想のボディラインを得ようと思うのであれば、どれくらいの期間で理想のラインを得られるかを考え計画的に継続治療を行いましょう。

テノールの効果を持続させ好みのファッションを楽しみたいと思えば計画的な治療は必須なのです。部分痩せはテノールで可能ですが、バランスが崩れた部分痩せは美しくないので、継続期間中にクリニックへ相談をしてテノールの持続期間と共にバランスにも注意してください。

テノールの回数は増やせば増やすほど効果が持続するか?

「1クール5回がテノールの理想的回数と聞いたが、それ以上は無駄か?」という質問を見かけました。

回答は、「多く行うことは構わないが費用の面や効果から、クリニック側が効果の出やすい回数を妥当な料金で1クールとしているのでは?」というものでした。

いくら1回の料金が安価であっても、テノールの回数は多い方が良いというなら、初回キャンペーンでの格安料金を利用して効果を上げようと思いついたあなた、この方法での回数増加はオススメできません。

肌へ高周波を照射するテノールは、初回の照射は弱く回数を重ね慣れることで強い照射ができるのです。ゆえに継続治療は持続期間を長くする効果があります。初回キャンペーンで安く施術回数を重ねていても、照射力は弱いままではテノール本来の効果も上がりません。

クリニックも初回だけでは効果を持続させる為のアドバイスもできないでしょう。

安価でリフトアップ効果を得られるに越したことはありませんが、目先ばかりを見ていると折角の美容効果が台無しになるかもしれないのです。

テノールの効果まとめ

継続治療で効果があるということは理解してはいたのですが、施術の期間や回数次第でテノールの効果が持続するかどうかに違いが出てしまうんですね。痛みがなくてダウンタイムがないなら気持ちよさそうだし受けようかな、程度では効果の持続は難しいかもしれません。

もしテノールを受けるか悩んでいるのであれば、信頼のおけるクリニックを見つけてから自分だけの理想の回数や期間を見つけるようにしましょう。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!