【新宿】メスを使わないリフトアップ治療|おすすめクリニック7選

新宿には多くの美容クリニックがあり、メスを使わないリフトアップ治療の種類も様々。個人的には糸を使う治療よりも、メスも糸も使わない、切らないリフトアップ治療がオススメです。

それでは、まずどんな治療があるのか見ていきましょう!

新宿でメスを使わないリフトアップ治療を行うクリニック

料金 クリニック名 住所
サーマクール:89,100円 湘南美容クリニック 新宿院:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
タイタンXL:2万円 品川スキンクリニック 新宿院:東京都渋谷区代々木2-9-2 久保ビル6F
サーマクール:11万円 KMクリニック 新宿院:東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
ハイフ:118,000円 もとび美容外科クリニック 東京都 新宿区 西新宿1-13-8朝日新宿ビル10階
ミントリフトⅡ:1本39,750円 新宿ラクル美容外科クリニック 新宿院:東京都新宿区西新宿7-11-15 サンフル西新宿2F
シルエットリフト:1本100,000円 新宿中央クリニック 東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル6F(1Fソフトバンク)
リフトアップEレーザー:35,000円 新宿御苑メンズクリニック 東京都新宿区新宿2丁目2-10 サニープラザ新宿御苑102

湘南美容クリニック新宿本院

こちらのクリニックは小顔若返りリフトというメスを使わないリフトアップを行っており、糸を骨膜に沿って使用することで従来の物より強度をUPさせています。

また最近、流行りのサーマクールがかなり安いクリニックでもあります。分割払いにも対応しているので、支払いが心配な方も安心ですね!

サーマクールCPT400ショット:89,100円
新宿本院:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
東京メトロ丸の内線西新宿駅直結 ※年中無休

>>お申込みはコチラ!

品川スキンクリニック

こちらのクリニックのメスを使わないリフトアップはエンジェルリフトという名称で、糸を挿入するのみなので、腫れや赤みはメイクで隠せる程度の軽いダウンタイムとなります。

個人的にオススメの治療としては、サーマクール、ダブロ、タイタンXLです。ダブロはサーマクールよりやや知名度が低いですが、サーマクールよりも料金が安いです。タイタンXLはさらに料金が安く、なんと2万円!品川スキンクリニックはホント料金がリーズナブルなのがポイントです!!

サーマクールCPT400ショット:11万円
ダブロ:75,000円~
タイタンXL:2万円
新宿院:東京都渋谷区代々木2-9-2 久保ビル6F
JR新宿駅「南口」徒歩約4分 ※土・日・祝日も診療 20時まで営業

>>お申込みはコチラ!

KMクリニック新宿院

韓国で話題のウルトラV・ショッピングリフトという鍼を抜くと同時に糸を皮膚内・皮膚組織に留め、たるみやシワの改善させるメスを使わないリフトアップを提供しています。

また、KM新宿クリニックでもサーマクールを行っていて、今ならかなりオトクです!

サーマクールCPT600ショット:20万円 ⇒ キャンペーン価格11万円

ショット数なんですが、400ショットよりも600ショットの方が効果的だと言われています。

新宿院:東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分 ※完全予約制

>>お申込みはコチラ!

もとび美容外科クリニック

ハイフ(HIFU)リフトアップレーザー:通常料金138,000円 ⇒ モニター価格118,000円
ショッピングスレッド60本1回:74,800円 ⇒ モニター価格64,800円

もとび美容外科クリニックは現在、モニター価格が多く安価に施術を受けられます。もともと料金は安い方なので、モニター価格でなくても安いです。糸を使ったリフトアップ治療からレーザーを使った治療、それから注射など、多くのリフトアップ・小顔治療を用意しています。

東京都 新宿区 西新宿1-13-8朝日新宿ビル10階
「JR新宿駅」近く

>>お申込みはコチラ!

新宿ラクル美容外科クリニック

こちらのクリニックは様々な種類のリフトアップを展開しており、その種類毎にその治療にあった糸を使用、メスを使わないリフトアップとしてはかなり充実しているクリニックです。

ミントリフトⅡ mini S Flex:1本39,750円
n-COG(ニュートンコグ)スパイラル:1本30,000円
新宿院:東京都新宿区西新宿7-11-15 サンフル西新宿2F

新宿中央クリニック

こちらはシルエットリフトという名称での施術で、医院全体で国内・国外の経験のある専門医を呼び研修を受けさせ技術を磨き、HPでその様子を紹介する研究熱心なクリニックです。

シルエットリフト:1本100,000円
東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル6F(1Fソフトバンク)

新宿御苑メンズクリニック

リフトアップEレーザーというメスを使わないリフトアップを行う男性専門と珍しいクリニックで、男性も気軽にアンチエイジング治療が出来る上、男性特有の悩みへも対応しています。

リフトアップEレーザー:35,000円
東京都新宿区新宿2丁目2-10 サニープラザ新宿御苑102
【丸の内線】新宿御苑前駅1番出口(新宿門口)より徒歩2分

メスを使わないリフトアップの種類

メスを使わないリフトアップとここまで当たり前のように書いてきましたが、メスを使わないリフトアップと聞いてどのようなたるみ治療が思い浮かぶでしょう。メスを使わないリフトアップ=切らないたるみ治療と置き換えてみるとレーザー系の施術がまず思い浮かぶでしょうが、糸を使ったリフトアップもそれに当てはまります。

糸とレーザー系とその効果を比べてみるとレーザー系よりも糸を使った施術の方がメスを使わないリフトアップとしては高い効果が出ます。

レーザー系には引き締めと引き上げの2種類がある

レーザー系は糸を使ったものより効果はマイルドですが、その分リスクも低く安全性の面からみて現在人気の治療です。

ただ、レーザー系の治療は引き締めと引き上げの2種類があり、引き上げ効果のレーザー治療の方がリフトアップの効果の高い治療なのです。その点、糸で行うたるみ治療は最初から目的の箇所を溶ける特殊な糸で引き上げれるので糸を使う治療自体がメスを使わないリフトアップとなります。

最初からリフトアップを目指すなら

リフトアップを目指しているのに、マイルドな効果ならばとよく調べもしないでレーザー系の引き締めの治療を行ってしまうと自分の予想と違う結果になる場合があります。引き締めには引き締めのたるみ治療の良さがあるので、一概にレーザー系の引き締め治療がダメとは言えないので、治療を受ける際には必ず施術内容は確認してください。

レーザー系の治療はこのように内容を確認しないとリフトアップの効果が期待通りにならない場合もありますが、糸は確実にリフトアップ治療として効果が得られます。

メスを使わないリフトアップの目的

ではここでメスを使わないリフトアップを受けて治したい、と思う箇所について説明をしていきましょう。

リフトアップ効果を狙う場合は加齢で目立つほうれい線やマリオネットライン、リフトアップで小顔効果を狙う場合はフェイスライン、シワの改善ならば首、となります。糸を使うことでリフトアップが実感できるのですが、その効果を細かく見るとその個所によってリフトアップの目的が違ってくることがよくわかります。

糸を使用したメスを使わないリフトアップに共通すること

糸で行うメスを使わないリフトアップには様々な名称がありますが、その内容を見てみると、どれも溶ける特殊な糸を肌の中に残すことで抜糸をせずに済むものです。糸で行うリフトアップは肌の内部へ糸を残す施術ですが、形成外科の知識を元に、たるみやシワへの効果的な糸の挿入を行うなど解剖学を理解した医師が行っています。

また抜糸がないので、切るものよりも腫れは少なく2日~1週間程度、メイクで隠せる程度の赤みといった軽度のダウンタイムしかないと手軽さも強調されています。

ダブロというメスを使わないリフトアップ

メスを使わないリフトアップはレーザー系より糸で行う治療の方が良い、ということで特殊な肌の中で溶ける糸を使った施術を行うクリニックを紹介してきました。

ただ、レーザー系ではあるものの今までのレーザー系のメスを使わないリフトアップよりも効果が高いことを謳う施術をするクリニックがありましたので、ご紹介をします。新宿美容外科クリニック新宿院のダブロですが、従来のレーザー系では届かなかったSMAS筋膜へ働きかけ、メスを使わないリフトアップの効果をUPしているとのことです。

メスを使わないリフトアップで評判の良いクリニックの見極め方

新宿という土地柄、本当に美容医療を行うクリニックは沢山あり、メスを使わないリフトアップは糸を使ったものからレーザー系、エステで行う手軽なものとその種類は豊富です。

しかし、本当に評判が良く効果が高くて安全性も高い施術を行うクリニックを探すならば、HPに豊富な症例数が載っているか形成外科医が施術をしているかの確認は必須です。その見極めはHPの他に口コミの活用や実際にカウンセリングを受けるといった行動も大切になります。良いクリニックからは必ず施術に対する熱意というものが伝わってきます。

新宿のメスを使わないリフトアップ治療まとめ

メスを使わないリフトアップをよくよく調べてみると特殊な糸を使ったリフトアップの効果の高さに本当に驚かされ、その技術の発達ぶりには目を見張るものがありました。

糸を肌の内部に残すというと不安を感じてしまいますが、考えてみると病気や怪我で外科手術を行う際も今は溶ける糸を使っているので、そんなに怖いことではないのですね。後は新宿という沢山クリニックが存在するところで自分に合ったところを見つければ安心と効果の両方を備えたメスを使わないリフトアップを受けることが出来ます。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!