ウルセラの副作用とダウンタイム|敏感肌は肌が赤く腫れる?!

しわやたるみのための治療として興味を持っている方が多いウルセラ治療ですが、「たるみがなくなる!」「しわがなくなる!」と良いところしか見ていませんか?どの治療法にも言えることですがメリットだけではなくデメリットも把握してから治療を受けることが大切です。

そこでウルセラ治療のデメリットとしてダウンタイムや副作用はどのようなものがあるのか確認しておきましょう。

ウルセラ治療の副作用

副作用は軽い腫れがあったり、一時的に肌のハリが低下することがあるそうです。例えば施術をした場所に数日間むくみのように腫れたり、違和感を感じるというようなものです。

ですが、この副作用も周りの人から気づかれる程の腫れになることは少ないようです。

同じように赤みが出たり痛みが出ることもありますが、これも長くても数日でおさまるようですし、生活に支障が出るほどのものではなさそうです。

しかしこの副作用は治療が効いているということにも繋がるようなので仕方がないことだとも思います。

ただ女性の場合は仕事をしている方も多くみえますので始めて施術を受ける方はどのような副作用が出るかわかりません。

なので施術をした翌日は仕事が休みだと安心して施術を受けることができますね。 そしてこの症状は数日するごとに解消されていきますので、大きな問題はなさそうです。

ウルセラ治療のダウンタイム

ウルセラ治療は基本的に張れたり、赤くなったりといったことは少ないために、施術後にすぐメイクをして変えることができます。

しかし治療というのは個人差が大きく出るため、中には赤くなったり、腫れを感じている人もいました。

このような症状を感じた方たちも翌日にはメイクができるくらいまでひいたというかたがほとんどでした。なのでウルセラ治療に関してのダウンタイムは「もしかしたら赤くなるかもしれない」という気持ちで施術を受けた方がいいかもしれません。

施術後にもし本当に赤みが出たとしても数日で収まるはずですので少し様子をみていいかもしれません。

ただ施術後というのは敏感にいろんなことが気になりますよね。その場合はすぐにクリニックに問い合わせをしてみて下さい。

そうすることでなにか対策を教えてくれるかもしれませんし、または診察をしてくれることもあるかもしれないですよ。

ウルセラの副作用やダウンタイムに対しての対策

副作用とダウンタイムをみてわかった通り、大きなデメリットというのはあまりないですよね。軽い腫れや赤みに対してもウルセラ治療をして効果があるこその症状です。

そして長い間続くことはほとんどありませんので、デメリットを心配する必要はなさそうです。

しかし、治療後なにか不安なことを感じたらすぐにクリニックに問い合わせをしたほうがいいですよ。不安なまま過ごすのは嫌ですよね。

なので早く解決するために、安心するためにクリニックに心配事はすぐ聞くようにしましょう。

対策としては特にありませんでしたが、肌が弱い方は特に赤みや腫れが出てしまう可能性がありますので、事前にクリニックの医師に肌が弱いことを伝えましょう。そうすることで出力を肌に合わせて変えてくれたり、麻酔で肌への負担が少なくなるよう工夫をしてくれるかもしれません。

顔のお手入れならコレ!おすすめ4選

エルセーヌ

小顔向けフェイシャルがわずか2千円というだけでなく、美脚や痩身がワンコインという破格の安さ。小顔だけでなく、ボディ全体の改革が目指せます!

きゅきゅっと小町

顔のむくみだけでなく、足のむくみもお手入れでき、内側からスリムが目指せます。ポイントは飲むだけ

美容液「モイスト リフト プリュス セラム」

肌にピンッとハリを与えることで、シュッとした顔を目指せます。スキンケアを見直すきっかけにもなります!

美顔器「リフティ」

自宅にいながらフェイシャルエステのような体験ができます。クリニックやエステに通う時間のない人にはオススメの1本!