水光注射の副作用とリスク|痛み・腫れ・傷跡・内出血・化膿など

毎日ケアしているのに何だかなぁ…美肌づくりって大変なんですね。

手っ取り早く美肌を手に入れたいという方に人気の水光注射ですが副作用が気になりますね。という事で「水光注射の副作用」について取り上げてみたいと思います!

水光注射の副作用

水光注射の副作用は大きく分けて3つです。

副作用1.内出血・腫れ、傷跡(デコボコになる)

水光注射は針で皮膚を刺す施術なので施術当日はどうしても赤みが出たり腫れたりしますが注射跡や赤み、腫れは数日で消えます。

そして注入時に内出血が起きてしまった場合でもは数週間で消えるようです。ですがもし水光注射で注入した成分が均等に広がらなかった場合、皮膚がデコボコになる事があります。

何日か経って治まればいいのですがデコボコが長引いてしまうことも…特に皮膚の薄い目の周りはデコボコが目立ちやすい場所だから要注意なんだとか。

持続性のあるヒアルロン酸を使っている場合にデコボコが長引きやすいという情報もあります。そういう時にはマッサージをするといいですよ。

マッサージをすると皮膚の中で均等に広がっていなかった薬品が皮膚になじんでデコボコが目立たなくなります。マッサージは自分でしてもいいですが「上手くいかないなぁ」と思ったら医師に見せてマッサージしてもらうと良いでしょう。

ちょっとホっとしました!解決法もあるんですね。

そしてヒアルロン酸そのものが原因でデコボコになっている場合はヒアルロン酸分解注射などで治療してもらえるので、医師の診察を受けてみてくださいね。

副作用2.感染(化膿)

注射をする時に雑菌に感染して化膿する事もあります。

なんと、化膿がひどい場合は切開して膿を出すケースもあるんだそうです。水光注射を受けるときは清潔にしているクリニックを選びたいですね。

副作用3.薬剤によるアレルギー

水光注射は針で皮膚を刺すので皮膚がはれたり赤みをおびたりしますが、数日くらいで収まるケースが多いです。

でも中には使用する薬品によってはアレルギー反応が出る事が。

  • 皮膚がかゆくてたまらない
  • 赤みをおびて腫れてきた・熱を持っている

などの症状が施術後数日~二週間程度の間に出た場合アレルギー反応の可能性があるので医師の診察を受けてくださいね。抗アレルギー剤の内服やステロイド治療などが必要になります。

「水光注射」施術直後の口コミ

では口コミを見ていきましょう。

  • 当日は少し凹凸や針跡があります…
  • 施術直後は、顔が真っ赤でした…
  • 施術後は内出血が眼のしたに出ました…
  • 施術後は赤みか若干、内出血は目の下に数カ所できました…
  • 施術した日を含めて3日間はメイク越しに針孔の跡が見えます…

マスクを持参し忘れてしまい施術後に頂きました。そのままでは電車に乗るのを躊躇するような刺し跡の赤みと凸凹が当日はありました…

終わった後は、左目の下に小さい赤い斑点みたいなのが出てましたが思ってたほど赤みは出ませんでした。施術直後は顔全体が少し腫れてる感じがしました…

一般的に痛いと言われている、おでこやコメカミはさほど痛くありませんでしたが、左頬が痛すぎて休み休みしてもらいました。痛かった場所はやはり内出血がひどかったです

施術した当日は顔全体が針孔の跡で真っ赤ですから、公共機関で帰宅するのであればマスクは必須です…

担当する先生により若干手法が異なるようです。いずれにせよ、痛みはあります。また、内出血もいくつかできてしまいます。

施術後のお肌は赤い点々がたーっくさんできており、いつも帰り道マスクをして前髪をおろし、逃げるようにして帰宅します。

施術後は3~4mmのだ円形の内出血が、目のしたとおでこにできました…

針を顔中に刺すため、あちこち赤い点ができます。2~3mm幅のだ円形な内出血もいくつかできます。…

「施術直後は、顔が真っ赤」「3日間はメイク越しに針孔の跡が見えます」など、施術直後は赤い点々は出るようですが大丈夫!施術後の赤み、腫れなので数日で治まります。

ですが目の周りは皮膚が薄いので内出血は特に出やすいようです。

「左目の下に小さい赤い斑点みたいなのが出てました」「内出血は目の下に数カ所できました」といった意見もありますし、「3~4mmのだ円形の内出血が」など、数ミリ程度の内出血が出る事も。

これは「逃げるようにして帰宅します」というのも納得できますし、電車やバスで帰宅する場合はマスクが手放せませんね。

そしてマスクで隠すことを考えると真夏は暑いので避けた方がいいようです。では、副作用以外にリスクはないのでしょうか?副作用以外のリスクについても見ていきたいと思います。

水光注射のリスク

副作用以外の「リスク」としては主に次の2つが考えられます。

リスク1.施術中の痛み

施術中の痛みですが、麻酔クリームを塗るので耐えられない痛みではないようです。

でも肌の状態が悪かったりすると途中で中断せざるを得ないほどの耐えがたい痛みに襲われる事もありますので、生理中などお肌の状態が良くない時はやめておいた方が無難です。

そして痛みには個人差があって、痛みに強い人と弱い人では感じ方も違いますので「私は痛みに弱い」という方は事前に医師に相談したほうがいいでしょう。

では実際にどんな痛みなのか口コミを見てみましょう。

痛みには強い方ですが麻酔をしてもそれなりにありましたので、私には麻酔必須だと感じました。痛みが大きいというより、針を刺す痛みが種類的に苦手なのかもしれません。

麻酔を塗っても少し痛かったです。

痛みに弱い人は麻酔クリームは長めに放置してもらうか、追加を払って強力麻酔に変えるかした方がいいです。

痛みはチクチクとするぐらいでたえれました。(結構、痛みに強いほうなので)

とにかく施術中は痛い!!が、我慢できない痛みではないので。ぐっと堪えて月1回×3カ月で通いました。

医師に、こんなに痛いのかと聞いたところ、皆さん悶絶されますね(笑)。とのこと…

死ぬほど痛く、途中でやめました。耐えられない痛み…

など、「チクチク」という方もいる一方で悶絶」といった壮絶な意見もあるので、やはり麻酔なしではキツそうです。

注射ですよ?一瞬で終わる予防接種だって痛いんですから…。

リスク2.効果が十分に出ないこともある

水光注射は成功するとお肌に潤いを与えてハリを出す効果がありますが、魔法ではありませんので劇的な変化はないです。

年齢による深いシワなどは残ります。口コミにも…。

お試し一回で劇的に変わるとは最初から思っていませんでしたが、やはり以前と比べても全く変わりませんでした。

3回ぐらいやりたいけれど、やはりダウンタイムがあるのと1回でも少し効果を得られれば続けたいと思いますが、私には少しの効果も感じられなかったみたいなので、諦めます。

など、一回で効果が出る人は出ますが「全く変わりません」という方もいますので効果がゼロというリスクも想定しておいた方がよさそうですね。

2日はダウンタイム必要ですが1週後の肌の調子を考えるとまた施術したいです。ただ、金額と効果の日数を計算すると、もっとコスパのいいものもあるのでは、という気もします…

という意見もありました。

水光注射は痛いですしトータルコストは高額で、効果が出るまである程度の時間もかかり、そのうえ効果を維持するには定期的な施術も必要になります。

けっこう手間とコストがかかりますね。しかも効果が出るとは限りません。水光注射だけに限定せずに他の治療法も検討してみて、その上で水光注射が良いと思ったら施術を受けるもの良いですし、他の美肌治療にするというのもアリだと思います。

水光注射の副作用とリスクまとめ

水光注射は年々改良されてきているようで、美容治療の中ではリスクは高い方ではないようです。とはいえ「水光注射」は医療器具や薬剤を使った医療行為。医療行為には副作用がつきもの。自分の体質に合うかどうか考えてみて、副作用が出るなと感じたらやめておいた方が無難です。

いずれにせよ、水光注射を受けるのであればココなら大丈夫と思える信頼できるクリニックを見つけたいですね♪

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!