スプリングスレッドリフトの効果と持続期間|効果が持続する秘密

スプリングスレッドリフトは、スプリングスレッド(「バネのような糸」という意味)を使ったリフトアップ施術で、従来の糸を使ったリフトアップ施術と比べると、「より強力に引き上げることができる」、「従来のリフトアップ施術では難しかった顔中心部分のたるみにもダイレクトに働きかけることができる」といった効果があると言われています。

それはなぜなのでしょうか?その理由は、糸の性質や構造にあります。

スプリングスレッドリフトがたるみに効果を発揮する秘密

スプリングスレッドにはその名の通り、伸縮性・柔軟性に優れているという特徴があり、そのおかげで、細かな動きの多い口周りなどを含めた顔中心部分のたるみ(ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインなど)にも直接働きかけることができるのです。

そしてさらには、スプリングスレッドのつくりにも大きな特徴があります。

コグと呼ばれる突起が1cm当たり24個という高密度でびっしりと並んでいて、それぞれのコグが90°の角度で4方向(従来のリフトアップ糸では1~2方向)へ向いています。

そのため、周辺の皮下組織にしっかりと引っかかり、従来のリフトアップ糸よりも強力に、そして安定した状態で、皮下組織を引き上げることができるのです。

スプリングスレッドリフトの効果はどれぐらい持続する?

スプリングスレッドリフトの効果は、他の糸を用いたリフトアップ施術よりも長く持続すると言われており、糸の入れ方や医師の技量によっても差が出てきますが、だいたい3~5年持続すると言われています。

それには次のような理由があります。

1.溶けない糸を使用しているため。
2.ポリエステル、シリコンといった柔軟性・伸縮性に優れた素材でできているので、時間が経過しても糸がほとんど緩まないため。
3.コグの先端が丸くなっていることにより、コグの強度が強いため。
4.「4方向」へとコグがついていることと伸縮性に優れた素材でできていることにより、糸にかかる圧力が一方向に集中せず分散されるので、糸の耐久性が高く、切れることが少ないため。
5.施術後1ヶ月ほど経つと、糸の周りに美肌効果を生むコラーゲントンネルができ始めるのですが、これにより糸がしっかりと支えられるため。

スプリングスレッドリフトの効果をより持続させるタメに

スプリングスレッドリフトの効果をより感じるために最も大切だといえるのは、お医者様選びでしょう。

こちらの気になること、要望などをしっかりと聞いてくれて、さらにはしっかりとした知識・経験・技術力をお持ちのお医者様に施術していただくことが肝心です。

その上で、リフトアップ効果をより高めたいのであれば、埋め込む糸の本数を増やすとよいでしょう。

今回調べたところ、効果を実感したいのであれば最低6本(左右3本ずつ)は入れた方がよいとのことでした。

ただ、その方のたるみの状態や気になる箇所によって合う本数などもあるようなので、事前にお医者様としっかりご相談されることをおすすめします。

また、効果を持続させるために、施術後1ヶ月はお顔のマッサージを控えるように気をつけましょう。

スプリングスレッドリフトの効果まとめ

スプリングスレッドリフトは、従来のスレッドリフトが抱えていた問題点の多くを克服する、革新的なリフトアップ施術だと言われています。

悩んでおられる方が多いにも関わらずアプローチしにくかった顔中心部分のリフトアップ、そしてそのリフトアップ効果の高さ、さらにはより長い効果の持続期間。これらのメリットを最大限に実感するためにも、お医者様選びには力を入れることが大切です。

たるみ・小顔・リフトアップ治療はサーマクールがオススメ!


美肌ならサーマクールCPT|美容整形・美容外科の湘南美容クリニック

サーマクールは1回で効果が得られ、早い方だと施術直後から小顔・リフトアップ効果を実感されています。しかもサーマクールは施術中の痛みがほとんどなく、ダウンタイムもありません。

湘南美容クリニックなら料金格安です!