スキンタイトニングレーザーは効果なし?口コミで分かる失敗例

年齢を重ねると気になってくる「たるみ」や「しわ」が気になり始めたころに適しているスキンタイトニングレーザーに失敗があると知っていましたか?

基本的にはダウンタイムもなく簡単で、手軽に受けることができるといわれています。しかし施術を受けた患者の中には納得のいっていない人もいます。

スキンタイトニングレーザーの失敗例

一言に失敗といっても失敗した時の症状はどのようなものなのか気になりますよね。そこで口コミを調べてみました。施術を受けるいじょう失敗した時の症状は知っておくべきですよ。

施術後、筋肉痛のようなだるさを感じたのに、特に変化がない

気になっていたフェイスライン…どこが変わったのかわからない

レーザーが終わって帰宅してから鏡を見ると明らかに左右非対称になっていました

2、3日は少し頬が上がったような気がしましたが、すぐに戻ってしまったので継続はしないです

即効性を売りにしているレーザーと言っていたけど、どこが即効性なの?もう1週間たつけど変化ないです

たるみを改善したかったのに、頬が平ぺったくなった。なんでこんなことになったのかわかりませんが、早く効果がなくなるといいです

眼の下にレーザーを当ててもらったら顔が不自然になった。皮膚が薄いところほど効くとは言っていたけどこれは効きすぎで違和感のある顔になってる

乾燥がひどくて、レーザーを当てたところに熱がこもってる。この違和感はいつなくなるの?

口コミを見ていると「効果を感じなかった」「違和感のある顔になった」というものがほとんどでしたね。レーザーの治療で効果を感じないというのはよく聞く話ですが、まさかスキンタイトニングレーザーもだったとは驚きです。

スキンタイトニングレーザーは美容整形の中では料金もお値打ちなので施術を考えている方は多いと思いますが、このような失敗が起きるのであればスキンタイトニングレーザーをうけたくないですよね。

それだけではなく本来ならふっくらしていて欲しいほほが引き締まってしまうなんて絶対あってはいけないことだと思います。女性なら特に少しふっくらしていたほうが若々しく見えますし、女性らしさが出ますよね。

その頬が引き締まり平ぺったくなってしまうということは、若返りたかったはずなのに、逆に老けて見えてしまうことになります。そして左右非対称に関しても同じように辛い症状ですし、スキンタイトニングレーザーの持続期間は4か月ほどだといわれていて短いとはいえ、その4か月が苦痛で仕方ないはずです。

顔の悩みを解決するためにスキンタイトニングレーザーを受けたのにさらに悩みが増えてしまうなんて辛すぎますよね。

仕事をしている方は特に家にこもっているわけにはいきません。左右非対称の顔になってしまったらどうしたらいいのか解決策が見つかりません。スキンタイトニングレーザーの失敗は私生活にもこのような支障をもたらすのですね。

なぜ失敗してしまうのか?原因と対策

スキンタイトニングレーザーは機械を使用して施術を行うものなので本来なら失敗は起きにくい施術です。

しかしこのように失敗をしてしまうということは原因がいくつかあるということになりますね。スキンタイトニングレーザーの失敗の大きな原因というのは医師の経験不足だと思います。

口コミにあった左右非対称や引き締まってほしくない部分が引き締まってしまったというのは医師が照射の仕方が悪かったと言えます。

美容系の施術を見た時にスキンタイトニングレーザーはまだまだ症例数が少なかったり、口コミが少なかったりします。それと同様に経験している医師も少ないということになるのではないでしょうか?なので失敗しないためには患者自身もしっかりと下調べをしてクリニックを選ぶ必要があるのです。

失敗と感じている人の中には100パーセント、クリニックが悪いと思っている人も少なくありません。確かに医師と名乗っている以上失敗はしてはいけないと個人的にも思いますが、そのクリニックを選んだのはあなたですよね?

下調べをしっかりして、いくつかのクリニックのカウンセリングを受けることでその失敗を防ぐことができたかもしれません。失敗しないための対策としては医師の経歴を確認する、クリニックでいつからスキンタイトニングレーザーを始めたのか確認する事を忘れずに行いましょう。

またカウンセリングの際にもし失敗になった時にどのような対応をしてくれるのかも確認しておく必要がありますよ。

失敗しているクリニックは技術に自信がなかったりするとアフターケアがしっかりとされていない事があるのでクリニックがどう対応してくれるのか聞くことで、クリニックがどれだけスキンタイトニングレーザーに自信があるのかわかると考えます。

スキンタイトニングレーザーで失敗している人はどんな人?

失敗と感じている人の中には肌が弱い人や、皮膚が薄い人が多いように思いました。肌が弱い人はちょっとした刺激に敏感に反応してしまいますし、皮膚が薄い人は口コミにもあった通りレーザーが効きすぎてしまう事があります。

しかしこのような方たちがスキンタイトニングレーザーを受ける事が出来ないのではありません。カウンセリングでしっかりと不安な事を医師に伝えておくことが大切になります。

伝えた上でどのような解決策を出してくれるのか?というところを重要視しましょう。肌質だけではなく年齢を重ねた方も失敗と感じている方がいます。

年齢を重ねた方がなぜ失敗と感じてしまうかというと「しわ」や「たるみ」の症状が進んでいるからです。

スキンタイトニングレーザーに適している年齢は30代くらいのたるみなどが気になり出したくらいの年齢です。ですので年齢を重ねた方は「効果が出ない」と思ってしまうのです。そのような方にはスキンタイトニングレーザーの効果を最大限に得ることができるように他の施術と組み合わせることで失敗と感じにくくなるはずです。

組み合わせる施術はいくつかありますし、クリニックによっても違うので納得いくクリニック、医師を探してください。

スキンタイトニングレーザーの失敗例まとめ

スキンタイトニングレーザーの失敗を経験した方は医師の経験不足、患者の肌質などが主にありましたね。

1回の施術が数万円し、それを1ヶ月に4回ほど通うとしっかりと効果を感じられるといわれていますが、積み重なれば大きな出費になります。大きな出費でも効果を感じることができればいいですが、失敗してしまったらどこにその気持ちをぶつけたらいいのかわかりませんよね。なので失敗しないために受ける側もしっかりとクリニックや医師を見極めなければいけないと思いました。

医師の経験や腕の良さはもちろんですが、カウンセリングの時の医師の様子などもしっかりと見ておきましょう。本当に患者の気持ちを考えてくれているのか?という医師の気持ちの面も大切だと思いますよ。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!