糸を使ったリフトアップ治療の名医まとめ

顔のしわやたるみは老化を感じさせる一番気になる要素の一つです。

鏡を見て顔のたるみや眼尻のしわやほうれい線などが目立つと気分も老け込んだようになりませんか?そんな時に糸をつかったリフトアップという施術方法が若々しさを取り戻すことができる方法の1つとしてあります。

糸を使ったリフトアップの施術方とは、顔全体のたるみやしわ等を糸で引っ張ることによって解消する施術方法。特に糸を使ったリフトアップ施術は、顔の内部に医療用の糸を入れて引き上げていく為、糸の種類による効果の違いや医師の腕によって仕上がりが変るので「専門医を慎重に選ぶ」ことが重要でしょう。

そんな糸リフトの「名医」と呼ばれている医師を紹介してきたいと思います。

糸のリフトアップ治療の種類と効果

「フェザーリフト」や「スレッドリフト」等は、糸でたるんだ箇所を糸で引っ張りたるみを改善してくれます。

「金の糸」や「ショッピングスレッド」「ウルトラVリフト」等は皮膚を引き上げるのではなく、糸を埋め込むことで細胞組織を反応させ肌質をよくする引き締めタイプの施術法。同じ糸リフトアップでも全然違いますね。

糸の種類と素材による分類

糸の種類は棘上の返しが多数入っている棘タイプ、円錐状のコーンが多数ついているコーンタイプ、ループ状のループタイプが主流。

素材は、溶けない糸はポリプロピレンやゴアテックス製のものが使われていて、メリットは溶けない分持続期間が長い事で、長いと数年はもつそうですよ!デメリットは溶けない為、失敗したら施術が必要となる事です。

それだけでなく状態によっては皮膚組織に強固につかんでいる為に糸が抜き出せないという最悪の場合もあるのでかなりのリスクを考えなくてはなりません。

溶ける糸は吸収性PDSやポリ乳酸が使用されていて、メリットは数か月から2年ほどで体内に吸収され、新たなしわやたるみに施術後暫くして再び施術することも可能!後遺症が心配な方は安心ですね。

デメリットは表情筋はよく動かす部位なので長くもたせるには糸に伸縮性が必要であり、その点で溶ける糸は持続性に乏しいとされているところでしょう。

糸を使ったリフトアップの名医3選

名医1.山本厚志医師「溶ける糸を使用」

山本医師は、フェイスリフト術に関しては各々の目的に合わせた10種類ものレパートリーをそろえており、人気も凄く遠方からも患者さんがくる程。メディアにも多数出演し、TVスタッフのリフトアップを施術するなどその技術方法を公開!これは凄いです。

フェイスラインを引き締めたり、全体のボリューム感を整えたり等、バラエティー豊富で施術後のリピーターも大勢みえます。

技術的にも有名な山本医師ですが、一番の人気の理由は山本医師の誠実さで来院された患者さんから「腰の低い先生」との声があがる程。手術だけでなく、毎日のお手入れの仕方から美しさを目指す方法を患者さんと一緒になって考えてくれる所も人気を呼んでいる理由の1つなんですよ。

こちらで施術するメリットは?

2本の針に溶ける糸がついた3Dリフトロングで引っ張る治療が人気です。

3Dリフトロングはほうれい線や口元のたるみなどしっかりキャッチしてくれる上、オーダーメイドも可能なので理想の状態に近づけることが出来る画期的な糸リフト方法!その上糸に円錐状のバイオコーンが付いているので、皮下組織にしっかりと絡みつき強力にリフトアップしながら糸を固定するのです。

皮膚や髪に糸を結ばないので肌への負担が少ない上ツッパリ感がなくダウンタイムが少ないのも魅力の1つなのではないでしょうか。

3Dリフトロングを施術する際のデメリットは?

糸によるつり上げは中度までのしわやたるみに限定されています。つまり3Dリフトロングでは年配の方などたるみの強い場合は引っ張り切れない事があるので、その場合違う施術方法になる可能性がある事でしょう。

名医2.長澤誠一郎医師「溶ける糸を使用」

長澤医師は、美容外科医として30年間の経験があり、フェイスリフト手術歴も合計6万件以上の実績を持っているスペシャリスト。患者さんの希望と本物の若返り治療の経験から最適な治療方法である切らない溶ける糸リフト「スレッドスーチャーリフト」を考案されました。

切らない、腫れないをモットーに患者さんの負担を極限まで抑えた最新のスレッドスーチャーリフト治療は患者さんにも絶大な人気を誇ってるんですよ。

こちらで施術するメリットは?

長澤医師自ら考案したスレッドスーチャーリフトはわずか10分という洗練された技術であると共に糸も厳選されたオーダーメイドで、たるみの元となる筋膜を強力にサポートすると同時に肌の張りと弾力を強力にアップ!その上効果も長持するということで実績を生み、多くの加齢で悩む女性を救ってきました。

また長澤医師は麻酔専門医でもある為、麻酔はすべてマスク麻酔やリラックス麻酔など無痛麻酔を使用し体への負担を減らして日常生活への影響が少ないよう配慮されているのです。

麻酔を怖がる患者さんが多い中、この安心感が多くのリピーターを呼んでいるのは納得ですね!

スレッドスーチャーリフトのデメリットは?

スレッドリフトとしては長持ちしますが使用する糸や、挿入方法によっては早い方で数か月でリフトアップ効果が無くなってしまう場合がある事です。

3.境隆博医師「溶けない糸を使用」

境医師は、最新の糸リフトと言われているスプリングスレッドリフトの開発者から直接指導を受けた日本で一番症例数の多い医師としても有名!!

施術前のカウンセリングは最低一時間は行い患者さんの理想や悩みを聞き施術の際のリスクについてもしっかりと話し合う事をモットーとしているのです。その上、同意後であっても「患者さんにしっかり検討してほしい」という理由から即日手術はしない徹底ぶり!人気があるのがわかりますね。

こちらで施術するメリットは?

スプリングスレッドリフトは伸縮性のある特殊な糸を皮膚の中に潜入させ、たるみを引き上げる最新の溶けない糸リフト方法で、糸には1㎝あたり24個の突起がついており肌の深部にしっかりと引っかかります。その上突起は丸いので違和感なく過ごすことが可能なんですね。

スプリングスレッドリフトの効果は、ほうれい線やしわ、フェイスライン、首のたるみ等と様々な部位に効果を発揮し、施術も従来のように顔の側面に糸を入れるのではなく顔の正面に入れダイレクトに引き上げる数少ない方法なんですよ。

使用する糸は、溶けない糸を使用している為、スプリングスレッドリフトの効果は3年はもつと言われています、これは凄いです!!デメリットも特になく、現在ある糸リフトの中では最高といえるでしょう。

普通の医師と名医の違いとは?

糸リフトにも様々な方法があり、患者さんによって合う施術方法も変わってくるので施術さえしてもらえばいいというものでもありません。それでは大変な事になりかねないのです。

専門的な知識があるうえ施術経験豊富な医師であることが重要になってくるのが分かりますよね。

名医とは多くの知識・高い技術力・施術経験数が豊富である・そして患者さんを一番に考える気持ち、それをすべてもっている医師なのです。あまり経験のない医師に任せると仕上がりが不自然になったり、つっぱったり、糸が切れたりと悪影響がでてしまう事も!?

他に、気軽に大手だから大丈夫と決める方もみえますが、大手クリニックの医師全員が名医ではなく、そのクリニックを大手にした本当の名医を見つける事が大切なのです。その点を注意してしっかりとした名医を選ぶことを考えなければなりません。

名医の選び方と糸リフト治療を受ける際のクリニックの選び方3つのポイント!

1.施術者の施術経験が豊富

糸リフトは効果の高い施術ですが、あくまでも施術である以上は多少のリスクも考慮しなければいけませんがそのリスクは名医であれば特に問題ではないのです。患者さんにとって初めての施術でも名医にとっては似たような症例を沢山経験しているのです。

つまりは経験豊富な名医であれば初めての症例ではないという事!糸リフトの施術を受ける際には、なるべく沢山の施術経験をしている医師を調べてお願いすると安心して施術を受けることができるのではないでしょうか。

2.カウンセリングと手術が同じ医師が担当するクリニックを選ぶようにする

糸リフト施術をする際に施術を担当する医師と直接コミュニケーションがとれている方が患者側としては安心出来るのではないでしょうか?
信頼関係を築く為、担当医師がカウンセリングしてくれる所の方が良いでしょう。

3.何でも相談出来る環境が整っているクリニックを選ぶ。

糸リフト施術を受ける際にしっかり悩みや理想を話すことができ、自分の希望がきちんと共有できている環境が整っていることが重要となってきます。それがないと、思っていたのと違う結果となる可能性がが出てくるでしょう。

技術や価格だけでなくクリニックの雰囲気や周囲のスタッフの対応などによっても変わってきますのでその点も注意が必要になってきます。
以上3点をクリアしたクリニックを選ぶと良いのではないでしょうか。

いくつかの症例と対策の紹介

2年前に品川にてリフトアップ糸を入れました。とても良いです。51歳になりますが顔にシワが、まったくないです。

初めて溶ける糸のリフトアップをしました。大塚美容外科で、ミントリフトの改良したやつというスピーディーミントリフトです。スピーディー、という部分に効果が薄いような響きを感じてましたが、結果から言うと大満足です。

手術は溶ける糸を使った手術に決め、先生も詳しく手術の提案と術後の経過を説明してくださいました。術後の経過も良く気になっていたフェイスラインのたるみもきれいに無くなりとても満足のいく結果になりました。

こちらの症例は成功した方々ですが、皆さん満足のいく結果となっているのが分かりますね。

理由としては、やはり医師が高い技術力をもっていたのが一番ですが、なにより大切なのは医師とのコミュニケーションが良くとれていた事も大切でしょう。コミュニケーションがとれていなければ、自分の思うような結果にはなりません。

医師とよく話し合い、信頼関係を築き、納得いくまでは絶対に糸リフト施術はしない!そういう強い気持ちが必要となってくるでしょう。
この方たちはそれができていたので満足のいく結果が出せたのではないのでしょうか。

リフトアップ糸したら頬に段ができてしまい、右耳が小さくなってしまいました。耳も元どおりにはならないし、髪で隠してるけど首筋や耳の裏の傷跡って直せないのでしょうか?不安です。

リフトアップの溶ける糸、失敗しました。左右非対照。顔も横にでかくなりました。頬骨から斜め糸が入ってるのが外からはっきりわかります。さわるとプクプクしてます。フェイスラインのたるみをすっきりしたかったのに!

糸のリフトアップ受けました。 糸で釣っているのがわかるようなツッパリ感、顔の凸凹に泣きそうです。三日後に微調整の来院をしますが、ボコボコが治るのか心配です。 後悔しています。

こちらの症例は失敗された方々ですが、皆さん悲しい結果となってしまいました。原因としては、医師の選び方の失敗が高いと思われます。

きちんと症例数が多く高いレベルの技術力をもつ医師を調べて、しっかりとしたコミュニケーションをとり施術していればこのような失敗はおこらなかったでしょう。後は施術後のアフターケアも出来ていないようです。

アフターケアについても事前にしっかりと話し合っていない場合、レベルの低い医師に施術を頼んでしまった時にその点も曖昧にされてしまい泣き寝入りしてしまう結果になりがちです。自分の大切な顔を施術するのですから、医師選びは何より一番に考えなければいけない事ではないでしょうか。

糸を使ったリフトアップの名医まとめ

いかかでしたか?糸を使ったリフトアップにも数々の種類があり、施術方法も色々な物があることが分かって頂けたと思います。最新の糸リフトも開発され、これからも技術が上がり自然で長持ちする画期的な美容法が更に増えて、若々しい姿を取り戻してくれるようになっていく事でしょう。

しかし、いくら糸リフトが良くなっていっても医師のレベルが上がらなければ宝の持ち腐れになってしまうだけです。

名医と呼ばれる医師は、最新の技術を手に入れ、臨床実験を重ね、その上で施術を沢山行いその実力をどんどん積み重ねる。そして施術だけでなく患者さんの事を第一に考え、コミュニケーション、施術、アフターケアまでを完全にこなします、それが名医なのです。そういった名医にお願いすれば、安心して自分を美しくできるようお願いできますよね。

折角綺麗になるための施術です、もし糸リフトアップをされるならば名医と呼ばれる医師達とめぐりあい安心した環境で若返りを楽しんでください。

たるみ・小顔・リフトアップ治療はサーマクールがオススメ!


美肌ならサーマクールCPT|美容整形・美容外科の湘南美容クリニック

サーマクールは1回で効果が得られ、早い方だと施術直後から小顔・リフトアップ効果を実感されています。しかもサーマクールは施術中の痛みがほとんどなく、ダウンタイムもありません。

湘南美容クリニックなら料金格安です!