眉下切開法の名医|口コミで分かる普通の医師と名医の違い

眉下切開法はメスを使う施術なので医師の経験や実績がとても大切だといわれています。そんななか眉下切開法の名医と呼ばれている方はどんな医師なのでしょうか?ご紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

眉下切開法の3大名医

名医1.六本木境クリニック「境 隆博」医師

境医師の技術力は他院の医師も認めるほどです。東京だけではなくて全国から境医師に施術をして欲しくて患者が来るようです。

また名医と呼ばれるポイントでもある「毛包斜切断法」を用いているため傷跡が目立ちにくく、範囲も少ないと言われています。

眉下切開法は効果もですが、傷跡も気になるところなので境医師に施術をしてもらえるなら安心して受けることができそうですね。

そして好感が持てたところは毛包斜切断法を用いているにも関わらず、更に傷跡が目立たなくなるように、縫う糸の細さにもこだわっているところです。

ただカウンセリングの長さが気になる方もいる様でした。個人的には眉下切開法は顔の施術のため時間をかけてカウンセリングをしてくれるのは嬉しいです。

しかし忙しい方に関してはこのカウンセリングの長さがデメリットにもなるようでした。最低でも1時間ほどのカウンセリングをしている医師なのでその部分が気にならない方はぜひ受診してみましょう。

名医2.聖心美容クリニック札幌院「前多 一彦」医師

前多医師の実績や経験が十分なのはもちろんですが、現在も日本美容外科学会の所属している医師です。

これまでの経歴が素晴らしいにも関わらず患者からは「接しやすい」という口コミがあるため、カウンセリングなどで不安なことを聞きやすい医師なのだと思いました。

前多医師は経歴よりも「技術とセンス」が大切だと考えている医師です。常に向上心のある考え方にとても好感が持てました。

眉下切開法はダウンタイムがあることで少し施術を受けることを迷っている方もいます。そんな方のためにもダウンタイムが最小限に抑えられるように自分の技術を磨き続けています。

現状に満足せずにたくさんの勉強をしている前多医師のような方に施術をしてもらえるのは嬉しいですよね。

ただ聖心美容クリニックは大手なのですが、前多医師がいるのは札幌院です。

聖心美容クリニックの医師がすべて名医というわけではないので勘違いをしないように気を付けて下さいね。そして前多医師も学会活動として海外の講演に行っていたことがあります。

受診しても前多医師がいないこともありますので、事前に問い合わせをしておきましょう。

名医3.十仁美容整形「江原 真貴子」医師

女性医師ならではの女性の患者の気持ちを十分に理解してくれる医師です。得意分野も目元の施術ですので、眉下切開法もお任せして問題ありません。

江原医師自身が得意といわれているだけではなく名医としての評価もされている医師です。

また最大のメリットは麻酔科で勤務していたこともあるため、痛みに弱い方は相談しやすいと考えます。

そしてカウンセリングでも最終的にどのくらい目元のたるみを取り除きたいか?というイメージを患者と一緒にできるようにしてくれます。

眉下切開法は江原医師のように最終的なイメージを患者と合わせておくことで希望通りの目元になる確率がとても高くなるはずです。

名医と呼ばれる医師のポイント

眉下切開法の名医と呼ばれている医師はポイントがいくつかあります。毛包斜切断法、中縫いができるか、眉毛全長上目瞼リフトなどがあることを知っておきましょう。

ただ患者から見てみるとこの言葉の意味はとても難しいですので、わかりやすく説明していきますね。

毛包斜切断法というのは眉下切開法で切開しますが、その際にできる傷跡を目立ちにくくする方法のことを言います。

たるみをとるために切除することができたとしても、傷を目立たないように縫うのも医師の腕次第ですよね。

毛包斜切断法というのは傷を最小限にして、眉に合わせ手縫うことで目立ちにくくできる医師を見極める時に覚えておいてくださいね。

中縫いというの眉下切開法はたるみだけを切除する医師が多いです。

名医と呼ばれている方は施術後にたるみの後戻りが起こりにくい様に中縫いをしてくれます。これは眉下切開法で絶対に行わなければいけない方法ではありませんので、実践しているクリニックや医師や少ないです。

ですが中縫いがしてあることで後戻りしにくくなりますよ。

眉下切開法でのデメリットとして、眉毛の形や位置が変わってしまうことが言われていました。

しかし眉毛全長上目瞼リフトができる医師に眉下切開法を行ってもらうと眉毛の位置が変わることなく、たるみをしっかりと目立たなくさせてくれます。

この方法はとても難しいらしく、医師の中でもなかなかできる方は少ない様です。

これら3つのポイントを押さえておくことで名医を探しやすくなると思います。もし調べることができなかった場合は、電話などで問い合わせをしてみましょう。

口コミで見る!名医と普通の医師の違い

名医・評判のクリニックで治療を受けた口コミ

説明及び技術はもちろんのこと、スタッフの対応に至るまで、全て満点と申し上げても過言ではないと云う評価です

カウンセリングは全て最初から医師が担当なさると云う点も、大変プロ意識に徹底したクリニックであると存じます

手術の前のデザインに一番時間がかかりました。これですべてが決まるとおもうので、ここは念入りにきっちりしたらいいでしょう

目のまわりがかなりすっきりして若返ったような気分です!旦那も喜んでくれています! 仕上がりも自然

普通の医師のもとで治療を受けた口コミ

「くぼみは腫れが引けば収まる、違和感は日がたてば取れると思います」と言われました。 騙されたような感じで、非常に不安にで生活にも支障をきたしています

医者も失敗をみとめ中縫いをゆるめればいいと言われ微調整の手術をしました

他の形成外科で修復手術を受けました。 不慣れ、不注意そのもので、こころの傷痕と両方できてしまいますよ!

完全に失敗された。最悪です。安いところでやらない方がいいです。人生後悔します

口コミから見てもわかる通り、名医と普通の医師との大きな違いは経験、実績そして技術力です。

また、名医以外の医師に施術をしてもらった方は失敗と感じている方も多くいました。切開の施術は医師の腕次第で効果が全く違います。

そのためしっかりとたるみを目立たなくさせるためには名医を探すことに力を入れましょう。探すことは簡単なことではないかもしれません。

時間はかかるかもしれませんが、今はSNSなど検索方法はたくさんあります。失敗しないためには医師やクリニック選びはとても大切ですよ。

眉下切開法の名医まとめ

医者

眉下切開法は名医が施術をすることで施術後の顔の雰囲気や、たるみ加減が変わってくることがわかりましたね。切開するため修正することはなかなか難しいと思います。

そのため私たち、患者側もしっかりとクリニックや医師を見極める力が必要だと感じました。

名医と呼ばれる医師たちは予約がとりにくかったりするかもしれませんが、待ってでもしっかりと効果の感じれる医師に施術をしてもらった方がいいですよ。あなたに合った名医と出会えることを祈っていますね。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!