うるおいコラーゲンリフトの副作用・リスク・ダウンタイムまとめ

今話題の熱も使わずメスも使わないリフトアップ施術、うるおいコラーゲンリフトは本当に安心安全なのでしょうか?

ダウンタイムはほぼないと言われていますが本当でしょうか?また、副作用はあるのでしょうか?気になる疑問を調べてみました。

うるおいコラーゲンリフトは施術に痛みは伴うの?麻酔は?

うるおいコラーゲンリフトを行う時には、施術箇所に麻酔クリームを塗り笑気ガスを用います。

聞きなれないのが「笑気ガス」ですが、これは精神鎮静作用があり、体をリラックスした状態にし気分をハイにしてくれる麻酔薬です。

この麻酔をした人の顔が笑っているようにも見えることから笑気ガスとよばれるようになったと言われています。

この2種類の麻酔を使う事で痛みはほぼありません。

【私は麻酔が効きにくい体質の為か痛みはないと説明されたのに、かなりの激痛だった】という口コミからわかるように稀に麻酔が効きにくい方や痛みに敏感過ぎる方等は痛みを感じてしまいますが、一般的には痛みを感じないと言われています。

またこうした痛みを訴える方の多くは針を差した時の刺された痛みを感じるようです。

ダウンタイムや施術後に懸念されるコト

【ダウンタイムはないと説明されたのに腫れが引きません。】という口コミが見られますが、人工的に針を刺すのですからダウンタイムは存在します。

ダウンタイム中は腫れがみられたり、内出血を起こしてしまったりします。針を刺すといっても髪の毛程の細い糸が通るための針ですから、傷痕もとても小さく見た目ではわかりません。

腫れも自分の感覚として違和感がある程度で周囲からは気づかれにくい程度です。

ダウンタイム中は施術箇所を冷やすことで腫れを緩和することができます。ダウンタイム期間は腫れはおよそ3日程で治まる方が多いようです。

内出血に関しては1~2週間かかると言われています。

施術当日からお化粧が出来ますので、内出血もお化粧すれば周囲に気づかれにくいです。ダウンタイム中は冷却をし、寝るときは枕高くしましょう。

うるおいコラーゲンリフトって副作用はあるの?

施術事態に副作用はありません。しかし、施術の時に使用する麻酔に副作用があります。

笑気麻酔は痛みを感じなくするという感覚よりもお酒に酔っているような感覚で痛みを鈍くする、気にならなくする感じの麻酔です。

その為お酒に極端に弱いかたがこの麻酔をすると、息苦しくなったり悪酔いしたような感覚がでたりします。

また、お酒に強い方が受けると効果が感じられず痛い思いをするはめになります。ごく稀に意識障害や頭痛、吐き気などの副作用がありますが、医療機関で笑気ガスを用いる時はほぼありません。

笑気ガス濃度を機械が自ら調節するためこうした副作用も激減しました。それでも0ではありませんし、体質等により使用できない方もいます。

どうしても副作用は避けたい方や元々パニックになりやすかったり、不安感が強い方は笑気ガスを使わず他の麻酔に切り替える事もできますので、カウンセリングの時にきちんと伝えましょう。

そして、万一施術中に気分が優れなくなったら、看護婦さんに伝えて笑気ガスを中断してもらえますので安心してください。

うるおいコラーゲンリフト施術後のアフターケア

針を刺すことで肌細胞を活性化させるため、施術直後は赤みがでて腫れる方が多くいます。

そんな方は濡れタオル等できちんと患部を冷やしましょう。施術後しばらくは普段よりも枕を高くして寝ることを心がけてください。

また、紫外線対策は万全にし、コラーゲンの生成の妨げにならないようにしてください。

内出血を起こすと青くなりその後黄色へと変化しますので、見た目的に驚くかもしれませんが慌てることなくきちんと冷やしましょう。

充分に冷した後は温めたタオルや入浴などで患部を温め血行をよくすると治りが早くなります。

そして、鉄分とビタミンCを積極的に摂取できる食事を心がける事も内出血の改善に役立ちます。

絶対に辞めてほしいのは、施術後アイシングをすることなく患部を温める事です。これは腫れや内出血の様な炎症を悪化させてしまいますので、必ずアイシングしてください。

うるおいコラーゲンリフトはリスクが多い?

リフトアップと一言でいっても様々施術があります。

うるおいコラーゲンリフトはその他のリフトアップに比べリスクが低いと言われています。何故ならばメスも使いませんし、溶ける糸なので体内に余分な物を置いておく訳でもありません。

その為副作用はなく、ダウンタイムは少ないと言われています。

また、うるおいコラーゲンリフトを受けた後でも熱による美容整形を受けることもできます。残念ながら金の糸のような施術後ですと、火傷を避けるために熱を伴うレーザー系施術は出来ない事がおおいです。

施術の幅を狭める事なく行えるのがうるおいコラーゲンリフトです。この事から他の施術に比べリスクは少ないと言えるでしょう。

伝える事が大切です

カウンセリングの時にきちんとご自身の体質や不安を伝えて下さい。笑気ガスが苦手な方は無理をせず他の麻酔を試す事もリスクを下げる大切な事です。

濃度が濃すぎると副作用を伴う麻酔ですから、充分に気を付けなければいけません。その為クリニックを選ぶ際に参考にしてほしいのは麻酔科標榜医が在しているかどうかです。

麻酔科標榜医はかなり厳しい認定条件をクリアするため、麻酔で万が一事故が起こっても即座に対応できます。それだけ麻酔の知識が深い方が在籍するならば安心です。アフターケアをきちんとする事で、ダウンタイムを0に近づけることも効果をあげることもできる事を覚えて置いて下さい。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!