こめかみリフトの名医まとめ|名医を見極めるポイントって?

こめかみリフトは医師の実力によって効果が変わってくるといわれています。

なので施術をしたことを後悔しないためにもこめかみリフトの名医を知っておきましょう。名医が勤めているクリニックも合わせてご紹介しますので参考にしてみて下さい。

こめかみリフトの名医

名医1.銀座長澤クリニック「長澤 誠一郎」先生

長澤先生は自らフェイスリフトを体験している医師です。長澤先生は手術をした次の日から診療を行えるほど腫れない施術を行ってくれるクリニック。

また施術後の腫れも少ないのもですが、傷跡もほとんど目立ちません。傷跡は髪で隠すことが必要といわれていた、こめかみリフトの手術が、髪で隠さなくても気づかれる可能性が低いです。

なので、こめかみリフトを行ってもショートカットを楽しむこともヘアアレンジでアップをすることもできるため、女性としてはとても嬉しいですよね。

フェイスリフトもこめかみリフトも切開する場所が違いますが、施術内容は一緒です。なのでこめかみリフトを行っても腫れることはほとんどないと想像できます。

他院と比べても実際に体験している医師に手術をしてもらえるのはとても安心や信頼して受けられますよね。

名医2.ゴリラクリニック「稲見 文彦」先生

大手美容外科での経験を11年間続けていて、いろんな新人の看護師や研修医を育成していたほどの医師。

技術はもちろんですが研修医などの育成に携わっていたこともあり、手術に対してとても分かりやすく説明をしてくれます。他院では院長になるほどまでの実力の持ちですので経験も十分です。

クリニックの特徴としては男性専門。男性といえば長髪の方は少ないですよね。その男性も受けることができるように傷跡は目立たないような工夫をしています。。

こめかみリフトと聞くと女性の患者ばかり想像してしまい、男性には通いにくさを感じます。

しかしこのクリニックは男性専門ですのでそのようなことは感じずに通うことができるので男性にはうれしいクリニックですね。

名医3.慶友整形クリニック「蘇 雅宏」先生

日本の形成外科学の会員など、いろんなところに所属している蘇先生はいろんな情報を持っています。

先生ご自身の経験はもちろん他の医師との経験談を交換しあうことで、どのような患者にも真摯に向き合い後悔することのない施術をしてくださいます。

クリニックのこめかみリフト治療を他院と比べると傷に対しての工夫をしてることに気づきました。こめかみリフト治療と一言に行っても患者によってたるみ方が違います。

それぞれの患者のたるみ具合を見て傷を最小限にするために2つの切開方法を使い分けているのです。そのため施術後の傷跡も目立ちにくいでしょう。

切開する手術になるので傷跡が目立ちにくいのはとてもメリットになりますね。

こめかみリフトの名医を見極めるポイント

こめかみリフトは医師によって効果が変わってくるといわれています。そのため実績や経験をきちんとホームページなどで記載されているか確認することがいいでしょう。

また美容系の記事に携わっている医師は名医と言われている確率が高いです。というのは例えば「こめかみリフト」に関して記事を書いていたとしましょう。その記事を書くことになった理由は医師としての経験が豊富なためサイト側から頼まれたということがありえます。名医を見極めるにはこのような事に意識をして探してみましょう。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!