眼瞼下垂の治療は効果なし?口コミで分かる失敗例まとめ

人の印象を決めると言っても過言ではない大事な大事な目の病気は生活をするために大きな支障をあたえてしまいます。

特に眼臉下垂は、見え方だけではなく頭痛や肩こりなど他のところにも症状が出てしまうだけではなく、見た目も変わってしまいかねない厄介な病気です。

手術しか完治する方法がないため、悩んだあげくに手術を受けた人の中には、手術の結果に満足できた人もいる一方で後悔して深刻に悩んでいる人もたくさんいるんです。

まずは失敗例をきちんと知り理解しましょう、また、成功した人はどんなふうに満足したのか、なぜ成功できたのかを知っておけば病院選びや手術法の選択に役立ちます。

眼瞼下垂の症状

まず始めに、眼臉下垂の治療は《眼科》《形成外科》《美容整形》で治療(手術)を受けることができます。一口に眼臉下垂と言ってもいくつかの原因と症状の種類があるので、自分はどこで治療するのが合っているのかしっかりじっくり考えましょう。

そして、それぞれどんな手術方法があり、それにともなったどんなリスクがあるのかきちんと知っておきましょう。

先天性眼臉下垂症:生まれつきまぶたを上げる筋肉が発育異常をおこした状態。
後天性眼臉下垂症:怪我などにより筋肉に損傷をうけるなどして起こした状態。
老人性眼臉下垂症:加齢によって瞼を上げる筋肉が弱くなってしまった状態。
腱膜性眼臉下垂症:眼瞼挙筋と瞼板との接触分が伸びてしまったり薄くなってしまったりして機能を果たさなくなってしまった状態

眼瞼下垂の手術方法

挙筋腱膜タッキング

この方法は、最も簡単な方法で腱膜の部分を折りたたんで瞼を上げる方法です。(人によっては折りたたむ幅が違うので必ずしも満足のいく目の大きさにはならない可能性があります)

挙筋腱膜前転法

形成外科でよく使われる術法で、一度瞼の中にある筋などを剥がしてまたつなげて位置を調節する方法です(重度の症状にはあまりむかないようです)

ミューラ筋タッキング

国内でよく使われる方法で、硬い腱膜を外して柔らかい筋肉をたぐりよせて短縮する方法です(重度の症状には効果が期待できない場合があります)

挙筋短縮法

額側にある筋を同時に剥がしてから位置を調節してつなぐ術法です。(他の術法より時間がかかりますが比較的重度の症状にも期待できます)

前頭筋吊り上げ術

おでこの筋肉と瞼の臉板を吊り上げて結びます(挙筋短縮法に効果を期待できない重度の症状に使う術法です。

経結膜的眼臉下垂手術

切らずに瞼の裏側を糸で結ぶ方法(腫れなどが比較的少なく、後で修正をする場合も楽にできる術法です。美容外科で行っている術法です。)

「眼瞼下垂治療」失敗の口コミ

  • 目の大きさが左右バラバラ
  • 術前術後まったく症状が変わらない
  • 傷後が目立ち醜い
  • 目が常に大きく見開いているように見える
  • 目を閉じようとしても綴じれない
  • いつでも目付きの悪い人のような怖い顔になってしまった
  • 瞼がひきつって痛みもある
  • 目が開きにくい
  • 目に傷をつけられて精密検査をうけた
  • 目がごろごろする
  • 眼科で手術をしたらビックリ目になってしまった

美容外科で手術をうけたら今までとなにも変わらずただただ傷痕と心の傷だけが残ってしまった

あまりにも目がいたく心配してたところ手術から三日後ドロッとした血と膿が出てきた

まつげが下を向いたままでとても見えにくくなってしまった

このような悲惨な結果になってしまった人が実は少なくないのです。

さらに、

あまりにひどい結果にクリニックに相談してみたら元が元だから治しようがない

気に入らないなら整形でもしてくださいと言われた

炎症がおきるのは自分の管理が悪いからだと言われた

理想とはかけ離れた姿にやりなおしをお願いしたのに、さらに代金を払わせられた

など、信じがたいことを言うお医者さんもいると言うことです。ひどいですよね、あんまりだ…と思いましたがこれが現実なんです。

眼科医での手術の場合は、症状自体は改善され手術も成功したけれども、見た目に問題がある事が多いようです。

しかも、深刻な悩みが多いようで改善するために美容外科などでもう一度手術をする人も多くいました。形成外科、美容外科では目に違和感がのこったりドライアイなどのまた違う病気の引き金になってしまった例も数多く見られました。

「眼瞼下垂治療」満足の口コミ

腫れも1ヶ月くらいで気にならなくなって今までとはまったく違う世界が広がっていた

左右の大きさがバラバラだったのが手術後くっきり二重になって嬉しい

肩こりや頭痛に悩まされていたのに嘘のようになくなった

今まで辛かった分辛さから解放された人は本当に喜んでいるようでした。眼臉垂下症の手術はどれも難しくて、眼科医の技術が失敗と成功の鍵になってきます。

眼瞼下垂治療の失敗例まとめ

眼瞼下垂の治療は、最初の病院選びが本当に大事なんです!

中には眼科医は、もともと皮膚を切ったり縫合したりする手術は専門外だと言う人もいますが、口コミにあったようにひどい結果になってしまった人と、それとは逆にお医者さんに感謝している人も沢山いることから繰り返しになりますが、何より難しい手術を成功させるお医者さんの技術力が大事です。

難しい手術をまたやり直しなんてことを絶対に避けるために、お医者さんを見極めることと自分の症状にはどれが一番合っているのかしっかりと予備知識をもってカウンセリングを受けるとしっかりと自分の意見も言えるし、自分にあった方法のめぼしもつきます。

それから、眼科、形成外科、美容外科でのメリットとデメリットもあります。

眼科では、保険適用になった場合少ない予算で手術を受けることに加えて、眼臉下垂のせいで起きた他の目の病気などにも対応してくれます。手術のせいで起きた他の症状も診てもらえます。

でもその代わり見た目は重視してくれないところが多いため出来上がりの美しさに描けてしまう可能性があります。

形成外科では、他の目の目の病気までは対応してくれない可能性がありますが、忠実に本来の見た目に戻してくれる専門医なので技術的に高いお医者さんが多いところがメリットです。保険が適用されることもあります。

美容外科は、やはり病気には対応してくれない分、美しさを重視してくれるので「こんな目にしてほしい」など目をデザインすることもできるし、ついでにシワなどをなくしてもらったり理想の目に近づけてくれます。

しかし、保険適用は無理なので料金がたかいことが一番のデメリットとも言えます。

自分はどうしたいのか、なにが一番の悩みなのか、そしてどうしてもらいたいのかによってどの種類の病院で治療してもらうかが変わってきます。しっかりと自分の症状と理想を考えて慌てずじっくり考えてください!

失敗という最悪の事態を招かないようにメリット、デメリットをきちんと理解して必ずまんぞくのいく結果を得てください。

多くのたるみ治療の中で眼瞼下垂は症状によっては保険が適用される可能性がある施術です。 もし適用されると、3割負担で6万前後で両目の施術...