プリモ麻布十番クリニックで眼瞼下垂を治療!効果・評判・口コミまとめ

まぶたの筋肉が衰えて垂れてきてしまう眼瞼下垂は、見た目の問題だけではなく頭痛や肩こりに繋がるので、治療をうけようとする人が増えています。

こっそり芸能人も訪れるというプリモ麻布十番クリニックでは、どのような治療がうけられるのでしょうか。気になる口コミもチェックしていきましょう。

プリモ麻布十番クリニックの眼瞼下垂治療が選ばれる理由

眼瞼下垂の治療は、手術によっておこなわれます。プリモ麻布十番クリニックでは、「腱膜固定」と「筋膜移植術」という方法をとっています。

重症の場合は筋膜移植術をおこないますが、ほとんどの場合は腱膜固定を勧められるはずです。症状や目的に応じて、まぶたの表側からおこなう方法と裏側からおこなう方法の二通りから術式を選択します。

表側からの手術

皮膚切開をする方法で、この手術が向いているのは二重のラインをつくりたい人や皮膚のたるみが多い人です。二重ラインは、希望のラインに沿って切開します。

また、たるみが多い場合には余分な皮膚を切除することもあり、その他の組織や脂肪も必要に応じて切除し、眼瞼挙筋腱膜を固定します。

目の開き具合は、手術中に座位で確認することができるので微調整が可能。左右差などを自分で確認できるので安心ですね。

裏側からの手術

高周波メスで出血を抑えながら切開し、眼瞼挙筋腱膜の固定をします。この場合、切開するのはまぶたの裏側なので、皮膚には一切傷がつきません。

外側からは傷跡が分からないことや、腫れる日数が短いことがメリットです。こちらも左右差の調整や開き具合は手術中に確認することが可能です。

プリモ麻布十番クリニックの口コミ

もし途中で痛みがあれば麻酔をすぐ足してくれるので安心です!

一度起き上がって二重幅や目の開きを確認して、その後は静脈麻酔で意識なくなるんで起きたら終わってました

施術直後は、わたしの場合は痰がすごく出て辛かった。まぶたの痛みは痛み止めですぐ治りました

切開すると聞くと、やはり痛みが心配です。麻酔の調整ですぐに対応してくれる・意識のない間に手術が済むということで、痛みに弱くても心強いですね。

鎮痛剤は、痛みが強く出る前に飲むと効きやすいですよ。

おでこであげていた瞼も、おでこを使わなくなったので疲労感もなくなり満足です

目の開きが良くなったのが分かる! 下向きだったまつげが少し上がった気がする

見た目の変化だけでなく、疲労が軽減したりメイクの手間が省けたりするなんて嬉しいですね。口コミは皮膚切開をする方法がメインでしたが、クリニックのホームページでは経過の写真を数多く掲載しています。

まぶたの裏側からの手術をした人の写真は本当に傷が見えず、自然な仕上がりですよ。

眼瞼下垂の治療料金

眼瞼下垂手術でほとんどの人が選ぶ腱膜固定の料金は、プリモ麻布十番クリニックでは60万円(税別)です。

筋膜移植術の場合、80万円(税別)となります。

眼瞼下垂の手術といっても様々な方法があり、難しい筋膜移植を除いた場合、都内の美容外科では40~72万円とかなりばらつきがあります。分院が多くあるような大手の美容外科ほど料金が上がる傾向があります。

二重手術でメジャーな埋没法なら20万円台から手術が可能ですが、眼瞼下垂に特化した方法ではありません。プリモ麻布十番クリニックは中間の料金といっていいでしょう。

評判の高いこのクリニックには、全国から患者さんが集まります。新幹線や飛行機を利用して来院した人には「遠方割引」が適用されます。

交通費の領収書を提示すると施術費用が10%オフになるユニークなシステムで、住まいの近くに行きたいと思える医療機関がない人にとっては非常にありがたいサービスですね。

自費診療のメニューをうけるとなれば、美容医療に限らず料金の差は大きいもの。よく下調べをして受診しましょう。

カウンセリング・アフターケアについて

幅広や末広など、さまざまなデザインを提案してくださって自分に似合うデザインを真摯に考えて頂きました

下がったまぶたを上げるという目的のほか、見た目にもこだわってくれるのはさすが美容医療を中心にしたクリニックです。

傷の治療を促進するクリームをすすめて頂いたり、乾燥させない事など術後のケアについても丁寧に説明していただけました

手術後は、傷や腫れが心配なものです。丁寧にフォローしてもらえると安心ですよね。

また、手術後の検診は手術を担当した医師がおこないます。

1・2・3・6カ月おきに経過を写真撮影することになっているので、術後の変化を医師と一緒に確認することができて疑問や不安も解消しやすいシステムになっています。

半年間定期的に経過を診てもらえるなら、ちょっとした変化も見過ごさないですね。

「眼瞼下垂」治療の口コミ

表側からの手術の失敗口コミ

左右の違いは明らかで異常に大きい方は乾燥と違和感

まつ毛が下を向いていてすだれのようになっており左右差があります

失敗としてありがちなのが、左右の二重の幅が違うというものでした。目が開きすぎるという失敗も可能性があり、閉じたときに白目部分が見えてしまうこともあるようです。

医師の経験不足や、手術中に二重幅を確認しながら進めないということが失敗の原因であることがほとんど。カウンセリングで手術の流れを聞くときに、二重ラインを自ら確認できるかどうかがキーになりそうです。

表側からの手術の成功口コミ

前に眼瞼下垂をやった時より腫れや内出血が少ない!何より縫い目がキレイだと思いました!!

現在3週間経ちましたが内出血は完全に無くなり二重幅も自然になってきました

抜糸までの1週間で大きな腫れも引き、2週間後の現在は目尻側の内出血も消え大変デザインも気に入っています

成功すればきれいな二重ラインができて、パッチリした目元になれます!症例写真の豊富なクリニックのデータをチェックして選びましょう。

裏側からの手術の失敗口コミ

ライン決める時に私には見せてくれずドクターがきめたので鏡で確認させてもらえずでした

目を閉じた時に感じる異物感が改善しません

まぶたの内側でおこなう手術ですので、些細な違和感も非常に不快なものとなります。こればかりは自分の目で確かめることができないので、口コミを念入りに調べる必要があります。

複数の患者さんが不満を書き込んでいるようであれば、他のクリニックをあたったほうが無難かもしれません。

裏側からの手術の成功口コミ

「若返り」に成功! 目力アップして、生活にハリもでき 毎日鏡を見るのが楽しくなりました

額にしわを寄せなくても目が良く開くような、パッチリした目になりました

まぶたに傷をつくることなく、満足のいくスッキリした目元になれたようです。見た目の変化はもちろん、眼瞼下垂による日常のストレスから解放されたこともかなりのプラスですね。

クリニック選びのポイント1.カウンセリングの丁寧さ

手術や施術の不安な時は手を握ってくれたり、安心感を持たせてくれます。 自分の希望通りに仕上げて頂き、良い点や悪い点、両方教えてくれて的確なアドバイスをしてくれます

手術のデメリットを伝えてくれないクリニックは論外です。万が一術後にトラブルがあったときの対処なども、想定して教えてくれる点は大切。

クリニック選びのポイント2.プライバシーが守られているか

個室になっていて、待合から他の人と顔を合わせなくていいところが良いです

眼瞼下垂は目の病気ではありますが、美容外科で人に見られるのは何となく抵抗があるという人も多いでしょう。カウンセリングルームはもちろん、待合室から分かれていると安心ですね。

クリニック選びのポイント3.症例の多さ

症例写真が多く紹介されています。ブログの更新もマメ

医師の腕が信頼できるかどうかの判断は、やっぱり手術前後の写真を見るのが一番。傷の経過などもイメージしやすく、心の準備ができます。

プリモ麻布十番クリニックは、口コミをチェックするといずれのポイントもクリアしているようです。

全国から患者さんの集まる評判の高いクリニックなので、予約の取りにくさや待ち時間の長さは感じるかもしれませんが、眼瞼下垂手術を検討しているならぜひ候補に入れたいクリニックですね。

とにかく低料金で済ませたいという人は、安く設定している他のクリニックや保険適用での手術をメインでおこなっている病院にあたってみてもいいかもしれません。

年間の手術件数を公表しているクリニックも多くあるので、参考にしながら選ぶと良いでしょう。

プリモ麻布十番クリニックの「眼瞼下垂」治療まとめ

医者

プリモ麻布十番クリニックでの眼瞼下垂手術は、しっかりした二重ラインと傷の目立たなさ、どちらを優先するかで手術の方法を選べます。

目の開き具合を自分で確認できることが失敗を避けるための重要ポイント。納得のいく形に完成すれば、アイプチの煩わしさや頭痛のストレスからも解放されますね。

院のホームページをチェックするのはもちろん、メールでの問い合わせなども活用して、信頼できるクリニックでスッキリした目元を取り戻しましょう。

多くのたるみ治療の中で眼瞼下垂は症状によっては保険が適用される可能性がある施術です。 もし適用されると、3割負担で6万前後で両目の施術...