口コミでわかる!イタリアンリフトのリスクと対策

リフトアップ術には、機器を使ったレーザー治療と針を刺し皮膚内に糸を留置するものがあり、イタリアンリフトは後者で独自開発の特殊な糸で効果を得られる施術です。

切りはしませんが、顔へ針を刺す、そして肌の中に糸を残すということだけを注目してしまうとたるみ改善よりリスクが気になるという不安が先に立つのは当然の感情です。イタリアンリフトの糸は体内に残っても本当にリスクがないのかというのは本当に気になるところなのでリスクに関する口コミを交えながら検証をしていきたいと思います。

高須クリニックが独自開発したイタリアンリフト

顔に糸を残すことが怖いし、効果がそんなに続くと思わない

身体に無害で手術に使用するものと同じ成分の物質で出来ているアプトス糸は8~10ヶ月で体内へ吸収され、その過程で起きる炎症反応をたるみ治療に利用しています。

糸によるリフトアップは約5~6年程度で戻ってしまうという声もありますが、イタリアンリフトの効果は吸収された時にコラーゲンにからまりハンモック状になる為、半永久的です。

またリフトアップしても加齢を止める方法というのはこの世に存在はしないので、年を重ねて出てくるたるみを感じた時に効果がなくなったと思う人もいるようです。

1本10万円は技術と品質の保証

イタリアンリフト、いや高須クリニックは料金が高い

イタリアンリフト、お安いものではないので、効果のはどれくらいながく満足するものか気になります

高須クリニックの施術に対する料金は、イタリアンリフトも含めて、料金が高いとの声をチラホラと見かけますがクリニック側は糸の高品質と高い技術提供ゆえの料金と主張しています。

通常の外科手術で使う糸と同質の物質を使用している為それなりの料金にもなるし腕に自信のある医師を揃えている為、患者に満足を与えるので支払いへのリスクはないというのです。

1本100,000円の糸に価値があるかどうかを納得してからイタリアンリフトを受けないとその効果に満足を感じることができず、リスクばかりに目が行ってしまいます。

顔への針に抵抗がある

イタリアンリフトの施術は極細の針で肌の中に挿入するし、こめかみと髪の毛の生え際の目立たない部分を針の刺す場所にするので傷跡への不安も少ないです。

ただこれは各医師のセンスやデザイン力で微妙に違う場合もあるので、高須クリニックのHP内でイタリアンリフトの経験豊富な医師に施術を頼むのが一番のリスク回避になります。

顔に針ということに納得がいかなければ恐怖心はぬぐえませんので、自分が納得のいくまでカウンセリングを受けてから施術を決めないとリスクを避けることはできません。

自然なリフトアップによって起こるマイナスな感情

症例写真をみても、あまり変わってないような。高須クリニックでイタリアンリフトを受けられた方、 満足度を教えて頂きたいです

イタリアンリフト・イタリアンリフトファインを受けて一か月がたちました。正直、効果が感じられません。クリニックに聞くと、3か月〜6か月頃に効果が出てくると…

合計100万くらいかけたのに、効果実感が無いので不安で不安で

イタリアンリフトというと半永久的な効果、という方へ目が行きがちですし、アンチエイジングを望む人であれば半永久という言葉は魔法のように聞こえるでしょう。

しかしイタリアンリフトは自然な仕上がりという特徴もあり、その特徴のお陰で次の日の仕事や予定にも影響が起きない施術として人気があるのです。

劇的な効果がないのがイタリアンリフトなので理解しないまま症例写真を見るとこの料金でこれだけなんて金銭的にリスクあり過ぎと思ってしまうというわけです。

糸が切れたら書き込みではなく施術を受けたクリニックへ

イタリアンリフトの手術を受けたのですが 糸が切れてしまいました。その部分の効果は無くなりますか?

体内に吸収されるイタリアンリフトの糸なので、糸が切れるということは考えにくいのですが、100%糸が切れるリスクが起きないとは言い切れるものではありません。

その切れたという感覚が吸収されたものなのか、それとも本当に切れてしまったのかは素人では判断しにくく、効果云々の前にクリニックへ確かめに行くことをオススメします。

通常イタリアンリフトでは糸が切れるということは考えにくいので、本当にそうなってしまった場合は事例として施術者に伝え改善してもらわないといけないことです。

イタリアンリフトのリスクと口コミ

助けてください、イタリアンリフトで頬が引きつれました

これはお悩み相談のサイトで見つけた口コミで、技術力を誇る高須クリニックでもこのようなことが起こるのかと常にリスク対策をする大切さについて考えさせられるものでした。

回答では施術した医師の未熟さだけを指摘する人もいましたが、施術先へ事実を告げに行く大切さ、今後のリスク回避への助言となるよう行動する大切さを書き込むものもありました。

美しさを求める施術で起こる失敗は大変悲しいことですが、起きた後になにが最善か、再発防止で行動をする行動は絶対必要だ、ということがわかる辛い口コミでもありました。

副作用や傷跡へのリスク対策は経験豊富な医師選びが大切

こめかみと髪の生え際に針を刺すだけの施術なので副作用も少なく腫れも数時間から1日程で落ち着くので、術後に友人と会っても気づかれないと評判のイタリアンリフトです。

高須クリニックではイタリアンリフトの施術の説明を行う時、〇〇医師の方法は、と説明を行っているので、傷跡に完璧に対応したいならば、経験豊富な医師に依頼をしてください。

独自の施術で医師の腕に自信のある高須クリニックですが、やはり技術力は人それぞれ、確実にリスクを回避したいならばイタリアンリフトの経験豊富な医師選びが必須となります。

イタリアンリフトでの麻酔にリスクはないのか

イタリアンリフトは極細とはいえ針で特殊な糸を挿入する施術である為、痛みがごくわずかで済むように麻酔クリームと局所麻酔注射を使用します。

この方法により施術をするのでイタリアンリフトでの糸の挿入は痛みが最小限で済みますし、適切な麻酔使用により腫れもさほど酷くはなりません。

麻酔の使用について施術後ごと、患者ごとに合った麻酔を選び安全な方法で使用している為、リスクは低いと考えられます。

手術当日の入浴次第で腫れのリスクは控えることができる

メイク、洗顔、シャワーはOKでも手術当日の入浴を長時間するのは、血行が良くなり過ぎ腫れが強くなる可能性がある為控えるよう指示がでます。

どうしてもシャワーだけでは満足がいかないというのならば手術当日の入浴は、ぬるま湯で短時間にした方が血行が良くなり過ぎず腫れ過ぎを抑えることができます。

副作用や腫れが他の施術より少ないイタリアンリフトですが、クリニックが出す注意にはリスク回避のケアが必ず含まれているので、納得をした上で守るようにしましょう。

手術当日の運動はリスクにつながる?!

手術当日は運動をしないのが無難なのは、入浴同様血行が良くなりすぎ、腫れを酷くしてしまうリスクが高くなるからです。

手術翌日にもなると、普段通りの生活もOKになり習慣としている運動を再開しても大丈夫なのですが、針を使った施術をしたということは忘れずにいてください。

血行が良くなり過ぎるとわずかに腫れや痛みが出る場合もあるので、もしそうなったら、休憩をするなど自分の体と相談し、不安ならばクリニックへの相談もしてください。

イタリアンリフトは麻酔による腫れが引けばメイクもOK

リスクや副作用、合併症という危険について常に注意をしなくてはいけないのが、顔を中心とした美容医療の施術ですが、イタリアンリフトの腫れは施術による腫れではありません。

イタリアンリフトは糸を挿入する施術ですので、麻酔クリームを塗布した後、麻酔注射で痛みを感じず施術をする方法を取っており、手術直後の腫れは麻酔による浮腫が見られます。

切開もしないので、数時間で腫れの大部分は引いてしまう他内出血も起こさず、例え稀に起きたとしてもコンシーラーなど通常のメイクで隠せる程度のものしか起きません。

カウンセリングのイメージが悪いのはリスクにつながる

先日、私も名古屋院のカウンセリング受けました。あんなのカウンセリングじゃないです。1000円払って馬鹿にされたのは初めてです

カウンセリングの雑なクリニックは施術も雑、という評判は美容医療の世界では良く聞く感想ですが、カウンセリングで悪い印象を受けるとその後もマイナス思考は引きずりがちです。

あなたと相手との相性が悪かったという場合があるかもしれませんし、希望と提示された施術内容が上手くマッチングしなかった、など様々なことが考えられます。

高須クリニックは比較的院毎の差がないはずなのですが、中にはそうでない場合もあるので、もし不快な思いをしたらクリニックへの改善を求めるのが一番の方法です。

老化予防か老化が進んでから受けるかでリスクが異なる

イタリアンリフトは、挿入した糸が8~10ヶ月で溶け、糸に絡んだコラーゲン繊維がハンモックのように皮膚を持ち上げ続けるので半永久的な効果を得られる治療です。

ただ日々の老化はどんなに優れた治療でも止めることはできず、たるみやシワは放っておくと大きな手術しか改善可能ではなくなります。

老化予防でイタリアンリフトは少ない本数で済んでも、たるみが進んでからのイタリアンリフトでは糸の本数も増え料金も高くなり、金銭面でのリスクは覚悟をすべきです。

イタリアンリフト後のレントゲンが心配

イタリアンリフトは8~10ヶ月で自然に溶けてコラーゲン組織に置き換わる特殊な糸を使用している為、糸が吸収された後のレントゲン撮影では映ることはありません。

高須クリニックは高品質の材料、高い技術でイタリアンリフトを施術していることに自信を持っている為、糸が出てくる心配はまずないと主張しています。

もしそのような心配があるならば、レントゲン前や体調の不安を感じた時に、モヤモヤと口コミを探す前にクリニックへ相談へ行くのが建設的な行動のはずです。

イタリアンリフトのリスクまとめ

イタリアンリフトは確かに優れた施術ではありますが、治療に対する理解や術後のアドバイスへの正しい理解という点を軽んじてしまうと思わぬリスクを引き起こしかねません。

また美容医療の専門家とはいえ、意思疎通がしっかりとしていないとあらぬ誤解からクリニックへの不信感が起きてしまうので自分と医師の相性も確認すべきだと思いました。

糸を使用したリフトアップ術は沢山あり、様々な不安も多いので混乱せずにイタリアンリフトへの正しい知識を深めてこそ、効果のあるリフトアップを目指すことはできるのです。

湘南美容クリニックのサーマクール!

今、「切らないたるみ治療」としてサーマクールが話題を呼んでいます。たるみ治療というと、皮膚を切開したり皮膚内に糸を入れるなど、何かと怖いイメージがありますが、サーマクールを詳しく知ることで、そういった考えは変わるかもしれません!