フェザーリフトの失敗例|知っておくべき最悪の口コミ

皮膚を切開する施術と比べ、副作用や後遺症の少ないフェザーリフトですが、100%安心・安全な手術はありません。

手術を行うにあたって危険はつきものだと思っていてください。このフェザーリフトでも、稀に失敗例というものがあります。フェザーリフトの失敗というのは、どういったものなのでしょうか。

フェザーリフトの失敗とは?

まず、一つ目に埋め込んだ糸が飛び出してしまうというケースがあります。これは、施術自体に問題がなかったとして、その後の日常生活を送っていく上で、表情が動くことにより、中の糸が少しずつずれ、皮膚の先端から糸が飛び出してしまうのです。

もう一つは糸を植え込むことで、かえって皮膚に段差やよれが出てきてしまうといったケースです。

「ひきつって痛くて口を開けられず、ご飯を食べこぼしたりする」といったものや、「2週間が経ちますが、引きつれ感と腫れが収まりません。顔面神経を損傷したのかと不安です」などの口コミも多く、失敗例の中では多いケースのように思えます。

この引きつれは、程度にもよりますが、そのまま我慢する人もいます。ダウンタイムを乗り越えたら引きつれ感も軽快するケースもあるので、日常生活に支障をきたさない程度であれば、様子を見る方が多いようです。

一方、糸が飛び出ているのを放置しておくことはできませんので、この場合糸を取り出す手術を行うことになります。

しかし、その際周辺組織を傷つける可能性が大きく、全く元の状態に戻ることは難しいと言われています。実際に抜糸した方の中には、後遺症が残ってしまったという口コミもありました。

フェザーリフトで失敗する原因

なぜこのような失敗が起きてしまうのでしょうか。その原因の多くは、執刀する医師の腕にあると思います。

やはり、糸を皮下に埋め込むという繊細な手技ですので、ある程度の経験と腕の良さ、そして美的センスが求められる手術だと言えるでしょう。

ホームページの症例写真などで患者さんの仕上がりを見たり、口コミで評判を見るなどして、クリニック選び、医師選びから慎重に行う必要があります。

また、引きつれを起こしてしまった患者の口コミの中で、「私の場合、カウンセリングをしてくださった先生と執刀してくださった先生が別で、私の要望がきちんと伝わっておらず、必要以上に引きつった仕上がりになってしまいました」という体験談を紹介している人がいました。

こんなケースも稀にあるので、施術前に誰が執刀するのか確認し、もしカウンセリング時と違う人ならば、施術前にきちんと自分の希望が伝わっているのか確認するというのも失敗を避ける一つの方法といえるでしょう。

もう一つは、アフターフォローのしっかりしているクリニックを選ぶことです。

失敗例の口コミの多くで見られたのが、「電話相談したが、様子をみてくださいの一点張りだった」「相談したが、特に対応してもらえなかった」など、アフターフォローをしっかりしてもらえていないケースでした。

施術後もしっかりと診てくれるところであれば、早い段階で対することができ、後遺症などのリスクも下がるのではないかと思います。ですから、そういった意味でもクリニック選びが非常に重要になってくると思います。

顔のお手入れならコレ!おすすめ4選

エルセーヌ

小顔向けフェイシャルがわずか2千円というだけでなく、美脚や痩身がワンコインという破格の安さ。小顔だけでなく、ボディ全体の改革が目指せます!

きゅきゅっと小町

顔のむくみだけでなく、足のむくみもお手入れでき、内側からスリムが目指せます。ポイントは飲むだけ

美容液「モイスト リフト プリュス セラム」

肌にピンッとハリを与えることで、シュッとした顔を目指せます。スキンケアを見直すきっかけにもなります!

美顔器「リフティ」

自宅にいながらフェイシャルエステのような体験ができます。クリニックやエステに通う時間のない人にはオススメの1本!