ダブロはたるみに効果なし?失敗例からワカル原因と対策

ダブロ治療の中で多い失敗は「効果を感じない」というものが1番です。ダウンタイムが少ないのがメリットのダブロ治療。でも効果を感じることができないのであれば、ダウンタイムがあっても効果を感じられる治療をすればよかったと後悔してしまいますよね。

また、施術後に「とても腫れた」という失敗もありました。

ダブロ治療は人によっては多少の腫れや赤みが出ることがあるとは言われています。しかし失敗と感じている方は「多少」の腫れではなく日常生活にも影響が出てしまうほどの様です。

ダブロ治療を選択している方は忙しい方が多いのではないかと考えます。というのはダブロ治療の特徴は先ほども言った「ダウンタイムが少ない」ということにあります。ダウンタイムが少ないにも関わらず「たるみ」を目立たなくさせることができるのは忙しい方にはもってこいの治療ですからね。

しかし日常生活にまで支障が出るほどの腫れが出てしまったら、ダブロ治療を選択した意味がありません。このような失敗が多いのはとても困りますし、治療を受けたことを後悔してしまいますよね。

ダブロ失敗の口コミ

右頬がすごい腫れ上がってきて、まるでオリーブ一つくわえてる状態

すごく腫れてるけど左右不対称に腫れるってどういうこと!?

照射痕、熱こもるような痛み、痺れ、神経痛…辛すぎる

今日で四日目、相変わらずすごい腫れ、これじゃあ外に出られない…

何となくたるみ変わった?程度…全然治療の効果を感じられない

1か月たったけどなにがかわったの?他の治療にしたらよかったかな…

効果があまり期待できないリフトアップはそう簡単じゃない

今現在目に見える持続性はいまひとつかなと思いました

一週間くらいは効果があったと思います。ただ現時点ではまた頬のたるみが少し気になりだしました

やはり腫れや効果を感じないという口コミが多いですよね。また中には少し効果を感じたという方もいましたが、効果が持続しないようでした。治療をする以上は効果を感じたいですが、持続性がないというのも嫌ですよね。

そして治療をした後に何日も痛みを我慢しないといけないのは辛く、治療したことを考え直してしまうことでしょう。痛みもなく効果を感じられるといわれているダブロ治療のメリットがメリットになっていなくて驚きました。

治療をした結果が口コミの様だったら落胆してしまいますね。

なぜダブロが効果なしと言われるのか?考えられる6つの原因

ここからは「ダブロがなぜ、たるみに効果なしと言われるのか?」踏み込んで話していきます!

1.ダブロ施術後に腫れる

ダブロ治療はダウンタイムが少ないといわれている治療です。

しかし治療後に腫れが生じてしまい、何日も腫れが治らないということが起きてしまうのです。元々ダブロ治療の注意点として多少の腫れが出るかもしれないということは言われています。

ですが、このように何日も腫れてしまうのは辛いです。肌が敏感肌の方はこのようになる可能性がありますので、治療を受ける際には事前に医師に確認をとることをおすすめします。

2.ダブロ施術後なにも変わらない

治療後を楽しみに鏡を見てみるとほとんど治療前と変わらないということもあります。治療をした時にはたるみが引きあがりそうな感覚を感じるようです。実際ダブロ治療の効果が出るのも1か月ほど掛かります。

しかしたるみが引きあがりそうな感覚がありながらも見た目は全く変わりません。

3.ダブロ施術後に赤くなる

治療後に照射の関係で多少は赤くなることもありますが、内出血のようになってしまうことがあります。これは「照射の加減が患者の皮膚にあっていなかったために起こるものではないか?」と考えます。

人それぞれ肌の強さは違いますよね。そしてダブロ治療は患者によっていくつかの段階に分けて照射の強さを変えることができます。

そこで患者はしっかりと効果を感じたいために強くすることを望む方が多いですが、それに肌が耐えられないのだと思います。照射の加減は医師とのカウンセリングできちんと納得いくまで話し合いましょう。

4.ダブロ施術後に痛くなる

照射をした部分が痛くなる方がいます。照射をしたすぐは痛みが出る場合がある治療法ですが、効果を実感できなかったかたは痛みが続くだけでたるみが目立たなくなったということはないようです。

そして痛みの種類も多少なら我慢できますが、笑ったりと顔の表情を変えるたび痛みが出るようでこのような症状は生活していく中で困ることが多いです。多少の痛みなら個人差で出るものですが、我慢できないような痛みであればすぐにダブロ治療を行ったクリニックへいきましょう。

5.ダブロ施術後、色素沈着を起こす

たるみを目立たなくさせたいのにダブロ治療をした結果が色素沈着になってしまう。これは新たな悩みになってしまい治療を受けたことを後悔することになるでしょう。治療を受けることで個人差がありますが、このような症状が出る方がいます。

それでもその後、色素沈着が治ればいいのですが治らずに、たるみの効果も感じることができないという悲しい結果になってしまうのです。

6.ダブロ施術後、余計にたるんでいるように感じる

どんな治療でもそうですが治療後の皮膚はとても敏感です。その敏感な肌に紫外線をたくさん浴びてしまうと余計にたるんでしまうのです。本来ならこのような事をクリニックが説明しなければいけないところでしょう。

しかしクリニックによっては施術後のケアまできちんと知らせてくれない様に感じました。なので治療を受けた際には必ず自宅でのケアをどのようにしたらいいのか聞きましょう。そして心配な方は紫外線の少ない時期に治療をするといいですよ。

ダブロで失敗しないための対策

ダブロ治療を失敗しないための対策として「認定医」「名医」と言われる医師がいるクリニックで治療をしましょう。

ダブロ治療は機器で行うためにどんな医師が治療をしても効果が変わらないように感じますが、違います。照射の当て方によって効果が変わってくるようです。そのために医師がしっかりとした腕の持ち主で、経験があることを事前に確認しましょう。

またダブロ治療を万が一、失敗してしまった場合に備えてクリニックに施術保証があるところで治療をすることをお勧めします。というのは保証がある場合、施術後に無料で対応してもらえることができるからです。

「失敗したんだから無料なのは当たり前じゃないの?」と思う方もいますよね。しかし残念ながら無料で行ってくれないクリニックもあるのです。中には無料どころが修正するために再度料金がかかる場合もあります。このような事にならないように保証されているクリニックで治療をしてください。

このような事を参考にして、失敗しないでダブロ治療を受けてたるみに悩まない生活を手に入れたいですよね。女性である以上、顔の悩みが1つ少なくなるだけでとても幸せな気持ちになりますからね。

顔のお手入れならコレ!おすすめ4選

エルセーヌ

小顔向けフェイシャルがわずか2千円というだけでなく、美脚や痩身がワンコインという破格の安さ。小顔だけでなく、ボディ全体の改革が目指せます!

きゅきゅっと小町

顔のむくみだけでなく、足のむくみもお手入れでき、内側からスリムが目指せます。ポイントは飲むだけ

美容液「モイスト リフト プリュス セラム」

肌にピンッとハリを与えることで、シュッとした顔を目指せます。スキンケアを見直すきっかけにもなります!

美顔器「リフティ」

自宅にいながらフェイシャルエステのような体験ができます。クリニックやエステに通う時間のない人にはオススメの1本!