ベイザー脂肪吸引の効果と持続期間|メリット&デメリット

ベイザーとはベイザー波を使って脂肪を乳化してカニューレと呼ばれる器具で脂肪を吸い出す脂肪吸引方法です。ベイザー波の効果によって肌が引き締まり、たるみを解消します。

ベイザー脂肪吸引の効果について

脂肪吸引をしたことがないと、施術後の効果に不安が出てきます。皮膚の下の脂肪をなくす事だから肌はたるむと思ってしまいがちですが、ベイザーでの脂肪吸引ではその原理は当てはまりません。

たるみに関して言えば脂肪吸引の中ではベイザーは有効な手段です。脂肪吸引後の肌が自分の力で回復する時に起こる現象で引き締まってくれるのでたるみが解消されるというメカニズムを持っています。

どんな部位に効果的?

頬についた脂肪をベイザーによって除去する事で、たるみ・ほうれい線の解消に効果を発揮します。ベイザー波によるタイトニングが起こる為、肌にハリが生まれてフェイスラインがきれいになる為です。

ダイエットしてもなかなか減らない顔の脂肪の除去で小顔になったり、二重顎の解消に特に効果を発揮しています。

施術の通院頻度、施術回数は?

施術は大体一回で希望部位をしてしまいその後は経過観察に病院へ通う事になります。実質の通院回数は手術前にカウンセリングと手術可能かどうかの血液検査が必要になります。

血液検査は別日に行うクリニックもあるのでこの時点で2回の通院は必要と考えた方が良いでしょう。手術当日、術後の診断、抜糸の3工程を考えると最低でも5回の通院が必要になってきます。

しかし、クリニックによっては経過を見る為に1か月毎の検診も組み込んであるクリニックがあります。その為、一概には治療完了までの通院回数が5回で済むとは考えない方がよさそうです。

どれくらいで効果がでる?1回で効果ある?

施術後すぐに効果が実感出来たという声もあるようですが、施術後1か月後が術後前との差がはっきり出る様です。施術直後は腫れやむくみがでるので、効果を実感できる程見た目に変化がありません。

腫れが引くスピードがかなり遅く、二週間の間は本当に凹む毎日でした。

と、口コミが寄せられている様にベイザーの脂肪吸引でのはっきり実感が伴ってくるのは腫れが治まる2週間後から1か月の様です。3か月もすれば完全に状態が落ち着きます。

ベイザー脂肪吸引の効果を持続させるには?

顔のたるみをなくす為に脂肪細胞を吸引している為たるみの原因である脂肪が付きにくくなっています。

脂肪細胞が減っているので、顔の脂肪が育ちにくく大きな変化はないということです。

と、クリニックに疑問を投げかけ返答をもらっている口コミがありました。基本的にはなにもしなくても効果は持続する様です。

【5ヶ月ほど経ちますが仕上がりが自然です】という口コミもある様に長期に渡る効果がベイザーでは期待出来ます。

ベイザー脂肪吸引をやり過ぎたら……

ベイザーも顔から脂肪を吸引して無くしてしまう為、極端に吸引してしまうと不自然にへこんでしまいます。頬であればコケたようになるので若返るどころか老けたようになってしまいます。

吸引しすぎると頬がコケてしまうと説明していただきました。

施術のやりすぎがない様に事前に説明してくれたクリニックに従う事が、失敗なく施術をコツです。

自分勝手な極端な治療をクリニックに要求するのは失敗の原因になる事も踏まえましょう。たるみを解消する為にも吸引のしすぎには気を付ける事が大切の様です。

アフターケアをしっかり行えば、より効果が出る?!

施術後のアフターケアが効果を最大限に生かす手段の様です。先生の指示のあった日数の圧迫とマッサージは術後の結果に大きく左右するのでサボらずしっかりする事が大切です。施術後の圧迫等指示されたアフターケアを怠らない事が大切になってきます。

また、施術部分に硬縮が起こってから、その部分のマッサージを行う事でより効果を得られる様になります。

ベイザー脂肪吸引のメリット&デメリット

ベイザーは脂肪除去率は約90%あると言われています。脂肪をベイザー波で乳化して取り除くという方法で神経や血管を傷つける事が少なく余計な脂肪のみを吸引する事が出来、内出血が少なくタイムダウンが短くてすみます。

タイムダウンが少ない事で早く社会復帰が出来るのが最大のメリットです。しかも他の脂肪吸引と違って、ただ脂肪を除去するだけではありません。

脂肪除去後、従来の脂肪吸引では日常生活への制限がかかりますがベイザーでは制限が設けられておらず、さらに内出血などが少ない上、脂肪吸引後は脂肪がなくなった空間を埋める為に残された皮下繊維が収縮してハリのある肌になります。

脂肪吸引の為に入れるカニューレは耳の後ろから小さな切り口を作り入れるので傷口は正面から見た時に目立ちません。従来の脂肪吸引よりも出血や腫れが少なく回復が早い為、負担が少ないのもこの治療のメリットです。

  • 傷跡も目立たないです。
  • 痛み、腫れ、内出血ともにほとんどなくて、びっくりしました。

繊細で高度な技術が必要となってくる為に、施術を行う医師の技量が問われるのがベイザーです。

医師の技量を推し量る事が難しいのが一番のデメリットです。クリニックも施術できる医師がいないクリニックでは施術が受けられない為、限られたクリニックでの医師探しになります。

しかも技術を身に着けてない医師に当たると更なるデメリットが出てきます。医師の技術が低いとベイザー波の振動で他の組織が傷ついたり、十分な脂肪吸引が出来ない場合があります。

「ベイザー脂肪吸引」効果に関する口コミ

ヘイザーによってハリのある肌になりたるみが解消された事でフェイスラインへの効果のわかる口コミが投稿されていました。

顔の脂肪吸引後、二週間くらい経過すると顔の大きさも小さくなってきます。

フェイスラインのたるみも結構解消されましたし、口横のたるみは完全に消えました。

また、太った時どうなってしまうのか心配です。

体重が増えると特に下半身の脂肪がぼってりと育ちますが、顔はシャープなままです。

と、太ってもその効果が発揮されているのが分かります。

ベイザー効果を実感しやすい人の特徴

基本的に誰にでも適応できるのがベイザーですが効果の実感という面では個人差が出てきます。脂肪が多く、そのせいでたるみが出てきている場合はベイザーで除去出来る脂肪量が多いので結果が出やすいという事になります。。

しかし、脂肪が少なく完全に皮が伸びてしまっているたるみの場合、効果があまり期待できません。

無い脂肪を吸引する事が出来ず、タイトニングが起こらない為です。その為、はっきりとした効果を実感出来るのは顔に脂肪が多い人になります。

クリニックや医師によってベイザーの効果は異なるのか?

ベイザーの治療の効果で大きなカギを握るのは医師の技術力です。この技術力が伴わない医師が施術をするとベイザーの特徴である、安全により多くの脂肪を除去というのが出来なくなってしまいます。

技術力が劣っていると脂肪を乳化させるためのベイザー波で繊維組織を傷つけます。しかも、ベイザーを使用しなくても十分な脂肪の除去しか出来ない為に効果が表れない事があります。

  • 結果、あんまり見た目変わってません
  • 脂肪がごっそりとれる高額のベイザーにしたのに「え?こんなもんなの?」という気持ちです

クリニックを選ぶ際はベイザーの取扱いの資格を持った医師がいるのかに注意しなければいけません。

効果を実感できなかったらお金は返してもらえるの?

ベイザーでの効果が出ない事にはいくつかの原因が考えられますが、残念ながら代金の返金はどこのクリニックもしていませんでした。

効果を実感できないと後悔する前にカウンセリングを受ける前にはいくつかチェックをしておくと効果が出ているのかどうかも実感がわきやすいと思います。

●顔の脂肪が取れる程ない状態でベイザーを受けてしまった。
●医師の技術不足で脂肪の吸引が出来ていなかった。
●カウンセリングの時にフェイスデザインを決める時点で、医師との意思疎通が出来ていなかった為にイメージと違っていた。

この理由で効果を実感できない事が起こりがちなので、注意してカウンセリングを受けて見極める事が必要です。

ベイザー脂肪吸引の効果まとめ

ベイザー波の治療はその治療方法で高い評価を受けている脂肪吸引技術でが、どのクリニックでも一律の施術が受けられるという訳では無い様です。

ベイザー波の治療によって得られる肌のハリが出てたるみが解消されるというのはあくまでも施術成功したうえでの事で治療効果については賛否両論があります。

施術を行う医師の選定が一番の難題であり、結果に多く差が出てくるのが口コミを見ていて印象的でした。ベイザーでの効果を実感したいのなら慎重にクリニックと医師を選びを怠らない事が大切です。

小顔治療が豊富な品川スキンクリニック!